デヴィッド・ボウイも認めた才能、アーケイド・ファイア(Arcade Fire)

Arcade Fire
image photo by Liliane Callegari 

既にアーケイド・ファイアについては何度か取り上げているのですが、アーケイド・ファイア単独ページがなかったので、アルバムをまとめておきます。

アーケイド・ファイアはデヴィッド・ボウイの繋がりで知ったアーティストですが、単独でもとても好きです。

以前、ボウイの周辺アーティストとして紹介した記事は以下を参照してください。

デヴィッド・ボウイ周辺のアーティストたち⑧(アーケイド・ファイア)
image photo by Mary  デヴィッド・ボウイが亡くなってからのアーケード・ファイア(Arcade Fire)のメッ...
スポンサーリンク
AdSence

Arcade Fire [EP]:2003年発表

Arcade Fire
Arcade Fire image by Amazon

アーケイド・ファイアはこのミニ・アルバムでデビューしました。

このEPには7曲も入っています。

私はアルバム「Funeral」と同時に購入しましたので、あまり聴かなかったEPです。
…もったいない。

Funeral:2004年発表

Funeral
Funeral image by Amazon

アーケイド・ファイアのファーストアルバムです。

バロック・ロックの傑作アルバムですね。
このアルバムを気にいっていたのですが、長い間アーケイド・ファイアのことを忘れてしまうことになります。

Neon Bible:2007年発表

Neon Bible
Neon Bible image by Amazon

ファースト・アルバムに比べると洗練された感があります。
オルタナティブ色が強くなったと感じました。

ただ、曲に少し統一感がないような気もします。

The Suburbs:2010年発表

The Suburbs
The Suburbs image by Amazon

このアルバムはインパクトがあります。

このアルバムが発表された当初の評価は、アーケイド・ファイアの到達点ともいわれたアルバム。

私は「Deep Blue」「We Used To Wait」あたりが大好きです。

Reflektor:2013年発表

Reflektor
Reflektor image by Amazon

デヴィッド・ボウイが参加したアルバム。

私はファースト・アルバム「Funeral」の次にこのアルバムを買いました。

あまりにも進歩していたので驚きました。
私にとっては最高傑作です。

おわりに

アーケイド・ファイアのアルバムを全て揃えたのは最近のことです。

デヴィッド・ボウイの死が契機となりました。

ボウイはアーケイド・ファイアとライブを行っていますし、彼らのことを高く評価していました。

ボウイの精神を受け継いだアーティストとして、アーケイド・ファイアをこれからも追い続けていきたいと思っています。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアボタン

フォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)