デヴィッド・ボウイの最高のパフォーマンスの一つ、2000年グラストンベリー・フェスティバルはファンなら是非おさえたい。

デヴィッド・ボウイのライブとしては伝説となっているグラストンベリー・フェスティバルの音源がボウイの死後、BBCのサイトで公開されています。

参照 David Bowie at Glastonbury 2000(BBC)※期間限定?
参照 Bowie at Glastonbury 2000(BBC)

デヴィッド・ボウイはグラストンベリー・フェスティバルに2回出演してます。

1回目は1971年(早朝5時だったそうです)、2回目は2000年です。

この2000年のステージはデヴィッド・ボウイファンに語り継がれる素晴らしいパフォーマンスでした。

スポンサーリンク
AdSence

グラストンベリー・フェスティバル音源

2000年のデヴィッド・ボウイのグラストンベリー・フェスティバルの音源は英BBCによってラジオ放送されたようで、ブートではずいぶん前から出回っていました。

しかし、私はつい最近まで聴いたことがありませんでした。

……

1999年に「Hours…」をリリースしたデヴィッド・ボウイは2000年当時、肩まで髪を伸ばし、とてもリラックスした雰囲気をもっていました。

その頃のライブは選曲が素晴らしくデヴィッド・ボウイは過去にとらわれることなく、自由ですばらしいステージを見せています。

手元の記録ではグラストンベリー・フェスティバルのリストは以下のようになっています。

  1. Wild Is The Wind
  2. China Girl
  3. Changes
  4. Stay
  5. Life on Mars ?
  6. Absolute Beginners
  7. Ashes to Ashes
  8. Rebel Rebel
  9. Little Wonder
  10. Golden Years
  11. Fame
  12. All The Young Dudes
  13. The Man Who Sold The World
  14. Station To Station
  15. Starman
  16. Hallo Spaceboy
  17. Under Pressure
  18. Ziggy Stardust
  19. Heroes
  20. Let’s Dance
  21. I’m Afraid Of Americans

このセットリストを見ただけでもグラストンベリー・フェスティバルの素晴らしさが分かります。

なかでも10分近くにおよぶ「Station To Station」や、バラッドバージョンの7分を越す「Let’s Dance」は聴き所です。

……

このセットリストに近いのが「デヴィッド・ボウイ BBC セッションズ(BOWIE AT THE BEEB)」のボーナスディスクになった2000年6月27日にロンドンで行われた「BBC ラジオシアター」です。

私の愛聴盤で、以下が収録リストです。

  1. Wild Is The Wind
  2. Ashes To Ashes
  3. Seven
  4. This Is Not America
  5. Absolute Beginners
  6. Always Crashing In The Same Car
  7. Survive
  8. Little Wonder
  9. The Man Who Sold The World
  10. Fame
  11. Stay
  12. Hallo Spceboy
  13. Cracked Actor
  14. I’m Afraid Of Americans
  15. Let’s Dance

こちらは「Hours…」の楽曲も入っているので、私にとってはデヴィッド・ボウイの最高のライブ・パフォーマンスです。

しかし、これは完全版ではないとききますので、もっといい曲が演奏されたのかも知れません。

……

グラストンベリーにしてもBBCラジオシアターにしても現在では非常に貴重な音源になっています。

これらのライブ音源が公式盤として登場してくれたら最高ですね。
(「BBC ラジオシアター」については完全版の単独アルバムを期待します。)

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

BBCセッションズ
BBCセッションズ

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン