デヴィッド・ボウイの最新ベスト盤「レガシー〜ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ(Bowie Legacy)」発売! US盤デジパックがまだ到着しないのですが…

bowie
image photo by Lutz Teutloff 

デヴィッド・ボウイ死後初のベスト盤「レガシー」が発売されました。

このベスト盤は1CDと2CDのものがあるのですが、私のところに到着したのは1CDの国内盤です。

2CDのものも予約していたのですが、aladdindogsさんからUS盤はデジパックだということを教えて頂いたので、そちらを購入することにしました。

US盤は到着まで時間がかかるみたいです。

スポンサーリンク
AdSence

レガシーの種類

レガシー ~ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ【1CD】
レガシー ~ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ【1CD】 image by Amazon

前述したように「レガシー」には様々なバージョンがあります。
国内盤は1CD、2CD共にSHM-CDです。

aladdindogsさんから教えて頂いたとおり、どのオンラインショップでもUS盤はデジパックと表記されています。US盤のレーベルは「Sony Legacy」または「Legacy」です。

しかし、他のバージョンはデジパック表記がありません。

ということで、2CDはUS盤を注文したのですが、まだ届きません。
ほんとうに来るのかな?

……

2CDはEU盤、日本盤ともに「デジパック」表記ではありませんが、実際にはデジパックでした。EU盤のレーベルは「Parlophone」、日本盤は「ワーナーミュージックジャパン」です。

※日本盤についてはショップで確認済みです。
※日本盤の2CDがクリアケースという誤った情報を一時的に掲載したことをお詫びいたします。
※経緯についてはコメントを参照してください。

レガシー:1CDとBest of Bowie:日本盤

「レガシー」の1CDの収録曲を2002年の「Best of Bowie:日本盤」と比べてみました。
どちらも20曲入りです。

Best of Bowie:日本盤に入っていない曲は以下の5曲です。
(リミックス等のバージョンは考慮していません。)

  1. Oh! You Pretty Things
  2. The Man Who Sold The World
  3. Sound And Vision
  4. Where Are We Now?
  5. Lazarus

逆にBest of Bowie:日本盤に入っていてレガシーに入っていないのは以下です。

  1. Lady Stardust
  2. Young Americans
  3. Fashion
  4. Modern Love
  5. Slow Burn

この5曲の違いが2002年から2016年の時間の流れと考えると、とても複雑です。

「レガシー:1CD」を、ながらで通して聴いてみましたが知った曲ばかりです。(ファンなのですから当たり前か…)

リミックスやエディットの違いが、ブログを書きながらだとさっぱり分かりませんでした。
(「Lazarus」のエディットは分かりました。違和感ありすぎ。)

「レガシー:1CD」には近年のアルバム「アワーズ」「ヒーザン」「リアリティ」からの選曲も無いのでオールタイムベストとは名ばかりです。(選曲の無いアルバムの数を数える気になりません。いっぱいありすぎ。どうせ買うなら2CD盤ですね。)

……

新聞広告に登場したらしい横山健なんて名前もしらんかったし…
これでは売れん。

……

やっぱりベスト盤はこんなものですかね。

実は私の場合は2枚組のアルバム「Lazarus」もイマイチだったので、これからもずっと「★」をヘビロテするしかなさそうです。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアボタン

フォローボタン

コメント

  1. aladdindogs より:

    Linさん、すみません。
    昨日UK盤2枚組届いてみると、デジパックでした。
    amazonもHMVもタワーも、USA盤だけデジパックの表示だったので、てっきりUSA盤のみだと思ってました。
    今からでもUSA盤キャンセル出来たら、UK盤で注文し直した方が良いかも知れません。
    もしかすると、2枚組は日本盤もデジパックの可能性もありますが。
    USA盤以外は
    在庫あると思います。
    私の情報でご迷惑お掛けしてすみませんでした。

  2. aladdindogs より:

    今回の「レガシー」輸入盤についての情報はどのショップも正しくないものでした。
    EU盤のレーベルはRhinoではなくParlophoneです。
    現在HMVに
    在庫あり、タワーは在庫わずか、amazonは取り寄せとなっています。

  3. aladdindogs より:

    今回の「レガシー」、音質は良いのですが、各曲の音量バランスが悪いと思います。
    The Man Who Sold The Worldや
    All The Young Dues は大きめで逆に
    The Jean Genieは小さめですね。

    音圧高めなら、全曲高めに合わせて欲しかったです。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、「Changesonebowie」のときも同じような感じを受けました。
      ボウイのベスト盤はいろいろな年のリマスター音源を使っているので、現状ではどうしようもありませんね。
      将来ベスト盤を出すときに一括でリマスターして欲しいところです。

  4. Lin より:

    出かけたついでに近くのショップで日本盤2CDを確認したら、デジパックでした。

    実は昨日も確認したのですが、防犯用のケースに入っていたのでクリアケースと見誤りました。
    申し訳ありません。

    記事の一部を修正いたしました。

  5. aladdindogs より:

    「オールタイムベスト・レガシー」。
    2枚組でも、「デラム・ファースト」「ネバー・レット・ミー・ダウン」「ティンマシン」「ティンマシン2」はオミット。
    でも、ベストとと言うくくりで言えば、間違いでもないかもですね。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、2枚組はに入っていないアルバムは3枚だけですか。
      では、2枚組はオールタイムベストでも良さそうですね。
      ただ、「ネクスト・デイ」から1曲というのはいただけませんね。
      ベスト盤はやっぱり「Nothing Has Changed」が上です。3枚組でないといい曲がおさまりません。2枚組だとつらいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)