「 平井和正の世界 」一覧

スポンサーリンク

「平井和正の世界」は1999年7月にスタートさせたHPの記事が母体となっています。
このブログでは「平井和正最後の作品「幻魔大戦deepトルテック」(2015.2.5)」がスタートです。

平井和正の命日に雑誌「昭和40年男 特集:俺たちのSF」。PICK UP ARTISTにデヴィッド・ボウイ?

平井和正の命日に雑誌「昭和40年男 特集:俺たちのSF」。PICK UP ARTISTにデヴィッド・ボウイ?

以前から面白いタイトルだと興味を持っていたのが「昭和40年男」です。 いままで買ったことはありませんでした。 公式サイトにい...

記事を読む

ハリウッド版「攻殻機動隊:ゴースト・イン・ザ・シェル(GHOST IN THE SHELL)」は平井和正の「8マン」や「サイボーグ・ブルース」と同じだ!

ハリウッド版「攻殻機動隊:ゴースト・イン・ザ・シェル(GHOST IN THE SHELL)」は平井和正の「8マン」や「サイボーグ・ブルース」と同じだ!

image photo by Tim Douglas  いよいよ「ゴースト・イン・ザ・シェル」の公開日が近くなってきました。 ...

記事を読む

平井和正の第二次幻魔大戦「ハルマゲドン」、初出「平井和正ライブラリー 第八集」の生賴範義カバーイラストで電子化!…で、疑問に思った表紙キャラクター。

平井和正の第二次幻魔大戦「ハルマゲドン」、初出「平井和正ライブラリー 第八集」の生賴範義カバーイラストで電子化!…で、疑問に思った表紙キャラクター。

平井和正の角川文庫版「幻魔大戦」は20巻を数えたところで中断してしまいました。 1983年2月のことです。 続編の「ハルマゲ...

記事を読む

平井和正の短編「世界の滅びる夜(虎は暗闇より)」が集英社創業90周年企画「冒険の森へ」傑作小説大全 第5巻「極限の彼方」に収録

平井和正の短編「世界の滅びる夜(虎は暗闇より)」が集英社創業90周年企画「冒険の森へ」傑作小説大全 第5巻「極限の彼方」に収録

久しぶりに平井和正の短編を読みました。 それが「世界の滅びる夜」です。 この作品は角川文庫版「虎は暗闇より」で読んだのが最初...

記事を読む

平井和正のもう一つのサイボーグ・ブルース「エスパーお蘭」

平井和正のもう一つのサイボーグ・ブルース「エスパーお蘭」

「エスパーお蘭」は平井和正の短編集「悪徳学園」に収録された短編です。 この短編集には表題作「悪徳学園」もおさめられています。 ...

記事を読む

平井和正 vs 半村良

平井和正 vs 半村良

私が平井和正に夢中になっていた頃、(平井和正がウルフガイをものにし、真幻魔大戦に着手した頃)半村良の小説に手を出すことはありませんで...

記事を読む

平井和正の初期作品の電子書籍が待ち遠しい。レオノーラ収録「悪夢のかたち」、「アンドロイドお雪」、「メガロポリスの虎」、「悪霊の女王」…etc.

平井和正の初期作品の電子書籍が待ち遠しい。レオノーラ収録「悪夢のかたち」、「アンドロイドお雪」、「メガロポリスの虎」、「悪霊の女王」…etc.

最近、平井和正の電子書籍の発表が相次いでいます。 しかし、本当に代表作と言えるものばかりです。 私としては一般的に手に入...

記事を読む

映画「エクス・マキナ」は平井和正の世界に追いついたのか? 思い出される平井和正の初期作品「レオノーラ」「アンドロイドお雪」…

映画「エクス・マキナ」は平井和正の世界に追いついたのか? 思い出される平井和正の初期作品「レオノーラ」「アンドロイドお雪」…

AIロボットをテーマにした映画「エクス・マキナ」のトレーラーをみて、思い出したのが平井和正の初期作品「レオノーラ」と「アンドロイドお...

記事を読む

東丈が戻ってきた家族版幻魔大戦「幻魔大戦deep」新版電子書籍登場!

東丈が戻ってきた家族版幻魔大戦「幻魔大戦deep」新版電子書籍登場!

ボヘミアンガラス・ストリートに続いて幻魔大戦deepの新版が発売されました。 泉谷あゆみさんのイラスト表紙になっています。 ...

記事を読む

平井和正のマジカル・ラブストーリー「ボヘミアンガラス・ストリート」が新版電子書籍で発売! 平井和正の傑作が「ライトノベル」に分類されたことに時代の流れを感じます。

平井和正のマジカル・ラブストーリー「ボヘミアンガラス・ストリート」が新版電子書籍で発売! 平井和正の傑作が「ライトノベル」に分類されたことに時代の流れを感じます。

平井和正のマジカル・ラブストーリー「ボヘミアンガラス・ストリート」が新版電子書籍で発売されました。 既に電子書籍化されていたも...

記事を読む

生賴範義の挿絵を完全収録した「真幻魔大戦(平井和正)」電子書籍でついに登場!

生賴範義の挿絵を完全収録した「真幻魔大戦(平井和正)」電子書籍でついに登場!

真幻魔大戦1 超意識との邂逅 image by Amazon 2015年の夏、新幻魔大戦が電子版で発売された後、この時を待...

記事を読む

ブルーレディが選ぶ平井和正の傑作SF作品・ベスト10(平井和正追悼企画)

ブルーレディが選ぶ平井和正の傑作SF作品・ベスト10(平井和正追悼企画)

平井和正が亡くなって1年経ちました。 今では、心の中にしか存在を感じることが出来ません。 ただ、時々出てくる電子書籍に懐かし...

記事を読む

「狼男だよ」から46年。「地球樹の女神」から26年。平井和正が巻き込まれた改竄事件から、出版界は何も学ばなかったのだろうか?

「狼男だよ」から46年。「地球樹の女神」から26年。平井和正が巻き込まれた改竄事件から、出版界は何も学ばなかったのだろうか?

1週間ほど前、このブログの「平井和正が経験した改竄20周年を経て、ハードカバー版「地球樹の女神」登場!(もしかして30周年もある?)...

記事を読む

平井和正の幻魔大戦は続編が書かれることがなかったと思っている人。未完の作品だと思っている人。間違ってます。

平井和正の幻魔大戦は続編が書かれることがなかったと思っている人。未完の作品だと思っている人。間違ってます。

平井和正のコアなファンにとってはあり得ないことなのですが、「幻魔大戦deep」や「幻魔大戦deepトルテック」を知らない方が、いまだ...

記事を読む

ウルフガイ THE ORIGIN(平井和正原作、坂口尚:マンガショップシリーズ)

ウルフガイ THE ORIGIN(平井和正原作、坂口尚:マンガショップシリーズ)

2011年7月21日に旧ブログで坂口尚版のウルフガイを扱って以来、なぜか「平井和正の書籍」カテゴリーから漏れていた作品が「ウルフガイ...

記事を読む

「超犬リープ」(原作:平井和正 作画:桑田次郎)マンガショップシリーズ

「超犬リープ」(原作:平井和正 作画:桑田次郎)マンガショップシリーズ

「エリート」と同じ時期、「月刊まんが王」で1965年11月から1967年8月まで連載されたコミックが「超犬リープ」です。 「エ...

記事を読む

「エリート」(原作:平井和正 作画:桑田次郎)は、もう一つの幻魔大戦であり平井和正の原点というべき作品です。

「エリート」(原作:平井和正 作画:桑田次郎)は、もう一つの幻魔大戦であり平井和正の原点というべき作品です。

みなさんは「エリート」というコミック作品をご存じでしょうか? 平井和正原作、桑田次郎作画の8マンに次ぐコミックです。 この作...

記事を読む

平井和正原作・完全版8マン(マンガショップシリーズ)

平井和正原作・完全版8マン(マンガショップシリーズ)

8マンは今でも色あせません。 マンガショップシリーズでは第5巻に2つの最終回が掲載されました。 詳しくは以下の記事をご覧下さ...

記事を読む

平井和正の最高傑作「ゾンビーハンター(死霊狩り)」は桑田次郎の「デスハンター」の原作であった。

平井和正の最高傑作「ゾンビーハンター(死霊狩り)」は桑田次郎の「デスハンター」の原作であった。

平井和正は桑田次郎にたくさんの原作を提供しています。 純正の平井和正原作のコミックでは桑田次郎作品が4作(8マン・超犬リープ・エリ...

記事を読む

平井和正原作の桑田次郎コミック作品「8マン・超犬リープ・エリート・デスハンター」

平井和正原作の桑田次郎コミック作品「8マン・超犬リープ・エリート・デスハンター」

なぜか今まで、平井和正原作の桑田次郎作品は8マンぐらいしか取り上げていなかったようです。 他にも平井和正原作の桑田次郎作品がありま...

記事を読む

スポンサーリンク
AdSence
AdSence