「 書籍情報 」一覧

スポンサーリンク

雑誌から新刊まで、私の目にとまったものです。

平井和正の命日に雑誌「昭和40年男 特集:俺たちのSF」。PICK UP ARTISTにデヴィッド・ボウイ?

平井和正の命日に雑誌「昭和40年男 特集:俺たちのSF」。PICK UP ARTISTにデヴィッド・ボウイ?

以前から面白いタイトルだと興味を持っていたのが「昭和40年男」です。 いままで買ったことはありませんでした。 公式サイトにい...

記事を読む

12月の積ん読(2016.12):ヤーンの虜/宵野 ゆめ、アクセル・ワールド21-雪の妖精-/川原礫、流れ行く者-守り人短編集-、炎路を行く者-守り人作品集-/上橋菜穂子、アヴァルト2、3/光永康則

12月の積ん読(2016.12):ヤーンの虜/宵野 ゆめ、アクセル・ワールド21-雪の妖精-/川原礫、流れ行く者-守り人短編集-、炎路を行く者-守り人作品集-/上橋菜穂子、アヴァルト2、3/光永康則

2016年も最後になりました。 2017年もよい年であることを願っています。 ヤーンの虜(グイン・サーガ140巻):宵野 ゆ...

記事を読む

松本零士のコクピット・シリーズ、戦場漫画ファンです。(「松本零士・戦場漫画大全」レビュー)

松本零士のコクピット・シリーズ、戦場漫画ファンです。(「松本零士・戦場漫画大全」レビュー)

高校性の時から松本零士の大ファンです。 漫画はもちろんのこと、イラストも大好きです。 松本零士のイラストが表紙を飾った素...

記事を読む

辻村寿三郎(ジュサブロー)作品集復刊!「真田十勇士」「新八犬伝」

辻村寿三郎(ジュサブロー)作品集復刊!「真田十勇士」「新八犬伝」

以前から「八犬伝」という作品に強い思い入れを持っています。 その原点は子供のころのNHK人形劇「新八犬伝」にあります。 ...

記事を読む

11月の積ん読(2016.11):吸血鬼ハンターD-消えた貴族軍団/菊地秀行、小説ほしのこえ/大場惑、放課後地球防衛軍(1)なぞの転校生/笹本祐一、はるかリフレイン/伊藤伸平

11月の積ん読(2016.11):吸血鬼ハンターD-消えた貴族軍団/菊地秀行、小説ほしのこえ/大場惑、放課後地球防衛軍(1)なぞの転校生/笹本祐一、はるかリフレイン/伊藤伸平

2016年も、もう11月が終わってしまいました。 12月になったらあっという間に新年です。 今年は本当に本が読めませんで...

記事を読む

菊地秀行<闇ガード>シリーズの新作「邪体曼荼羅」を読み始めたら、1980年代の「妖獣都市」が読みたくなってしまいました。「妖獣都市」は今読んでも面白い!

菊地秀行<闇ガード>シリーズの新作「邪体曼荼羅」を読み始めたら、1980年代の「妖獣都市」が読みたくなってしまいました。「妖獣都市」は今読んでも面白い!

10月の積ん読記事で菊地秀行の「妖獣都市」の新シリーズが登場したことを書きました。 実際に新シリーズ「邪体曼荼羅」を読...

記事を読む

写真集かと思った「カトパン」加藤綾子の著書「あさえがお〜心のハンドルをぎゅっとにぎる33の言葉」は新入社員教育にも使えそうな良書だった。

写真集かと思った「カトパン」加藤綾子の著書「あさえがお〜心のハンドルをぎゅっとにぎる33の言葉」は新入社員教育にも使えそうな良書だった。

加藤綾子を知ったのは、もちろん朝の番組です。 犬の散歩で朝早く起きるようになった私の情報源は、もっぱら6時台から7時台の情報番...

記事を読む

伊藤伸平の女仮面ライダーが「キリカC.A.T.s」だった。

伊藤伸平の女仮面ライダーが「キリカC.A.T.s」だった。

image photo by iwaryo  伊藤信平の「まりかセブン」が8巻で打ちきりになってしまって、残念に思っていました。 ...

記事を読む

平井和正の短編「世界の滅びる夜(虎は暗闇より)」が集英社創業90周年企画「冒険の森へ」傑作小説大全 第5巻「極限の彼方」に収録

平井和正の短編「世界の滅びる夜(虎は暗闇より)」が集英社創業90周年企画「冒険の森へ」傑作小説大全 第5巻「極限の彼方」に収録

久しぶりに平井和正の短編を読みました。 それが「世界の滅びる夜」です。 この作品は角川文庫版「虎は暗闇より」で読んだのが最初...

記事を読む

10月の積ん読(2016.10):妖獣都市 <闇ガード> 邪体曼荼羅、ニューロマンサー、DEATH NOTE Light up the NEW world、キリカC.A.T.s 1、×××HOLiC・戻 4、こちら葛飾区亀有公園前派出所 200

10月の積ん読(2016.10):妖獣都市 <闇ガード> 邪体曼荼羅、ニューロマンサー、DEATH NOTE Light up the NEW world、キリカC.A.T.s 1、×××HOLiC・戻 4、こちら葛飾区亀有公園前派出所 200

10月の積ん読です。 今月は待ち望んでいた本があります。 それは… 妖獣都市 <闇ガード> 邪体曼荼羅:菊地秀行 妖...

記事を読む

発掘!松本零士「大宇宙ファンタジー」(別冊 宝島)

発掘!松本零士「大宇宙ファンタジー」(別冊 宝島)

image photo by Takamorry  高校生のころから松本零士ファンで氏のコミックのほとんどを読んできました。 ...

記事を読む

9月の積ん読(2016.9):ウルトラマンデュアル、ウルトラマンF、ガブリエルの猟犬(クラッシャージョウ13)、<新宿>怪造記(魔界都市ブルース)、月刊MdN 2016年10月号(特集:君の名は。 彼と彼女と、そして風景が紡ぐ物語 / 新海誠)

9月の積ん読(2016.9):ウルトラマンデュアル、ウルトラマンF、ガブリエルの猟犬(クラッシャージョウ13)、<新宿>怪造記(魔界都市ブルース)、月刊MdN 2016年10月号(特集:君の名は。 彼と彼女と、そして風景が紡ぐ物語 / 新海誠)

9月の積ん読です。 今月はたくさん本を買ったのですが、これまでにアップしたページのものは例によって、ここには載せていません。 ...

記事を読む

新海誠監督の「君の名は。」は売れすぎです。私の新海監督デビューは角川文庫3冊と「新海誠Walker」となりました。

新海誠監督の「君の名は。」は売れすぎです。私の新海監督デビューは角川文庫3冊と「新海誠Walker」となりました。

image photo by Sho Hashimoto  新海誠監督のことを書こうと思ったのは久々に書店に行ったことがきっかけで...

記事を読む

意外に覚えていないウルトラマン。巨大化したフジ隊員や、にせウルトラマンのストーリーは記憶にありませんでした。(ウルトラマン Perfect File 〜50th Anninersary〜:別冊宝島2491)

意外に覚えていないウルトラマン。巨大化したフジ隊員や、にせウルトラマンのストーリーは記憶にありませんでした。(ウルトラマン Perfect File 〜50th Anninersary〜:別冊宝島2491)

image photo by d's2nd  今から50年前1966年7月17日に記念すべきウルトラマンの第1話「ウルトラ作戦第一...

記事を読む

豊田有恒・原案の小説「宇宙戦艦ヤマト」(石津嵐著)- 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 公開発表を機に –

豊田有恒・原案の小説「宇宙戦艦ヤマト」(石津嵐著)- 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 公開発表を機に –

image photo by Takamorry  近年では「宇宙戦艦ヤマト」といえば劇場版・TVシリーズの「宇宙戦艦ヤマト219...

記事を読む

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は少年ジャンプ新連載から読んだ漫画。漫画家の名前が「山止 たつひこ」から「秋本 治」に変わったときはびっくり。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は少年ジャンプ新連載から読んだ漫画。漫画家の名前が「山止 たつひこ」から「秋本 治」に変わったときはびっくり。

image photo by amika san  神田明神に「こち亀絵巻奉納」のニュースで「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が最終...

記事を読む

8月の積ん読(2016.8):夏菜写真集/夏菜 GANTZ/K、豹頭王の来訪/五代ゆう、ミライザーバン/松本零士

8月の積ん読(2016.8):夏菜写真集/夏菜 GANTZ/K、豹頭王の来訪/五代ゆう、ミライザーバン/松本零士

通常記事に書籍情報が多かったので、出し尽くしてしまいました。 そのため、8月の積ん読は少ししか情報ありません。 しようが...

記事を読む

反原水爆のメッセージを込めた1954年ゴジラはシン・ゴジラより観るべき作品です。(ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX Vol.1)

反原水爆のメッセージを込めた1954年ゴジラはシン・ゴジラより観るべき作品です。(ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX Vol.1)

シン・ゴジラから興味を持ったのが、初代のゴジラです。 1954年に、はじめてゴジラは公開されました。 この年は私の生まれ...

記事を読む

フランク・ハーバート「デューン/砂の惑星」の思い出。

フランク・ハーバート「デューン/砂の惑星」の思い出。

私が高校生だったころ、海外SFの傑作として必ずあがっていたのがフランク・ハーバートの「デューン/砂の惑星」です。 ハヤカワ文庫では...

記事を読む

デスノートとプラチナエンドは同じ大場つぐみ・小畑健のコンビなのに、プラチナエンドが分かりにくすぎる理由。

デスノートとプラチナエンドは同じ大場つぐみ・小畑健のコンビなのに、プラチナエンドが分かりにくすぎる理由。

image photo by map  デスノートもプラチナエンドも大場つぐみ:原作、小畑健:漫画のコミックです。 デスノー...

記事を読む

スポンサーリンク
AdSence
AdSence