デヴィッド・ボウイの「アウトサイド」「アースリング」「アワーズ」の三部作は、ある意味ベルリン三部作よりすごい。

デヴィッド・ボウイはデビューから、グラムロック期(ジギー期)、ソウル期、ベルリン期というように、様々な音楽性を数枚のアルバムで渡り歩いてきました。

その音楽性の変化は、まさに驚きの連続で、ボウイほどリスナーを飽きさせないアーティストは他にいないでしょう。

中でもベルリン期の三枚のアルバムは「ベルリン三部作」といわれ、ボウイのキャリアの中でも特別な位置を占めてきました。

2002年以降のトニー・ヴィスコンティが戻ってきたアルバムも、将来は四部作として特別な呼び名をあたえられることでしょう。

このページでは様々なデヴィッド・ボウイの変化の歴史において、私が最も思い入れのある三部作のことを書きたいと思います。

スポンサーリンク
AdSence

私の三部作

デヴィッド・ボウイのキャリアで私が最も印象深い時期は「アウトサイド」〜「アワーズ」を発表した1995年〜1999年です。

この時期にリリースされたアルバムはどれもが個性の強いものでした。

ボウイは新しい音楽を模索するかのようにチャレンジしつづけた5年間だったのです。

あるいは、実験を続けた5年間といえるかもしれません。

その5年の間に発表された3枚のアルバムこそ、私のなかでは特別な三部作となっています。

猟奇的な世界をロックで作り上げた「アウトサイド」

アウトサイド(紙ジャケット仕様)
アウトサイド(紙ジャケット仕様) image by Amazon

ブライアン・イーノとの共同プロデュースで作ったコンセプトアルバム。
このボウイの描いたジャケットからしてアートを感じます。

デヴィッド・ボウイのアルバムの中では最も暗い感じのするアルバムですが、様々なアーティストから支持されることになりました。

最近聴いたマリリン・マンソンの三部作もこれと似たようなオーラがあります。

今となっては聴きにくい「アースリング」

アースリング(紙ジャケット仕様)
アースリング(紙ジャケット仕様) image by Amazon

「アースリング」はドラムンベースを取り入れた実験作。

ダンスなのかロックなのかというジャンル分けすら難しいほどに、ボウイが独自の音楽を作り上げたアルバムです。

セルフプロデュースの本作はジギー期の「ダイヤモンド・ドッグス」にも似たチャレンジが詰まったているのです。

しかし、デヴィッド・ボウイのキャリアの中では少し違和感があって、あまり聴かないアルバムになってしまいました。

老いていく自分と死を客観的に見つめた傑作「アワーズ」

‘アワーズ...’
‘アワーズ…’ image by Amazon

「★」が自分のこととして直接的に死を見つめた傑作であるとすると、この「アワーズ」は客観的に老いと死に直面したアルバムとして対比できます。

私は今でもこのアルバムが大好きで、よく聴きます。

このアルバムは共同プロデュースにリーブス・ガブレルスを据えています。
ティン・マシーンからの彼とのつきあいは、このアルバムで最後となってしまいました。

「アワーズ」日本盤のライナーに吉井和哉氏の以下のような寄稿があります。

スゴイ、スゴ過ぎる。超最高だ。こんなことってあっていいのか?これだ、これが聴きたかったのだ。このウルトラ・スーパーB級な感じ、これがなんと言っても僕の中のボウイなんだ。こんなあったかいボウイはハンキー・ドリーと変名後のファースト(スペイス・オディティ)以来はじめて聴いた。

(以下省略)

この文こそ、私が「アワーズ」に感じた印象そのものです。

まとめ

この三部作は音楽的な変遷以外にも様々な側面を持っています。

プロデュースに着目すると

ブライアン・イーノ共同プロデュース→セルフプロデュース→リーブス・ガブレルス共同プロデュース

という流れになります。

また、デヴィッド・ボウイのキャリアの縮図にも見えます。

コンセプトアルバム→実験アルバム→自分を見つめた内省的なアルバム

これほど変化に富んだアルバムを次々に発表した1995年〜1999年はデビッド・ボウイの黄金期の一つと言っていいでしょう。

この三部作に上手い名前をつけることが出来ませんが、変化と実験にとんだ三部作をデヴィッド・ボウイのキャリアの中で、もっと重要な位置に押し上げてもらいたいと思います。

ただ、ベルリン三部作、後期トニー・ヴィスコンティとの四部作が素晴らしすぎて、この三部作は埋もれてしまいそうですね。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアボタン

フォローボタン

コメント

  1. カラアゲボーイ より:

    この三枚を取り上げるなんて、流石です。僕もアースリングは違和感あるけど、ボウイらしい挑戦で好感を持ってます。
    ユーリルワンダ リルワンダユーというフレーズはたまらなく好きです。

    • Lin より:

      カラアゲボーイさん、ありがとうございます。
      たぶん私がデヴィッド・ボウイを強く意識した頃と重なるので、この3つのアルバムが特別なんだと思います。
      しかし、何度もこのブログで書いていますが「アワーズ」は傑作だと思います。

  2. ばなな より:

    こんにちは。私は全時期を通して、特に、Buddha of………とoutside earthring好きですよ。2000年以降も大好きだけど、この三枚とhoursは、リアルタイムより、davidの歳と今の自分の年に近い時に聞いたせいか、earthringも違和感ないです。
    明日もう一度.寺田倉庫に、この衣装を見に行きます。

    • Lin より:

      ばななさん、ありがとうございます。
      今日でDavid Bowie isは最終日ですね。
      これからもボウイのことを思い出しながら頑張っていきたいです。

      • ばなな より:

        めちゃ混みでした。あんなにファンがいたんだ。。そっちにびっくりです。雨の中建物外まで長蛇の列。。早めに行ったので、列ばずにすみまました。
        最後の音ありの部屋が良かったです。あの音と映像だけのDVDが出て欲しいです。
        寺田倉庫は知り合いが企画しているので、後日色々きいてみたいです。

        • Lin より:

          ばななさん、大変でしたね。

          最終日の日曜日と想像するだけで、ものすごい状況を思い浮かべてしまいました。
          私が行ったときもけっこう混んでて、展示物の文字はほとんど読めませんでした。

          最後の部屋はディスプレイが良かったですね。
          私ももう一度行きたかったですが、交通費だけでも大変なので、1日きりです。
          良い思い出になりました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)