F1US GPのマクラーレン・ホンダはダブル入賞。日本GPと何が違ったのか?(F1 2016第18戦:US GP)

lewis-hamilton
image photo by lmankram7 

サーキット・オブ・ジ・アメリカズはロングストレートと高速コーナーを擁するサーキットで、余所のサーキットをそのまま真似たようなコーナーもあわせるとストップ・アンド・ゴーのサーキットと言えそうです。

どちらかというとエンジンパワーがものをいうサーキットですね。
それは、予選の結果を見れば明らかです。

しかし、予選でQ1、Q2で敗退したマクラーレン・ホンダはフェルナンド・アロンソ5位、ジェンソン・バトン9位という好成績を残しました。

日本GPとは一体何が違っていたのでしょうか?

参照 Race highlights – United States 2016(formula1.com)

スポンサーリンク
AdSence

上位陣のトラブル

日本GPとUS GPの大きな違いは完走率です。

日本GPでは全車完走しています。
しかし、今回のUS GPではマクラーレン・ホンダの上位に来るであろう有力チームのトラブルが目立ちました。

リタイアは以下の4選手です。

  1. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  2. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
  3. ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)
  4. エステバン・グティエレス(ハース)

エステバン・グティエレスを除いても、いずれもマクラーレン・ホンダの上を行く車です。
これらの全てが完走していたら、ジェンソン・バトンの入賞はあり得なかったでしょう。

ボッタスもヒュルケンベルグとの接触で下位に沈んでいますし、かなり幸運に恵まれた結果と言えます。

あまり喜んでもいられないでしょう。

マクラーレン・ホンダのドライバーがすごい

とは言え、今回のUS GPはマクラーレン・ホンダのファンにとっては胸のすくようなレース展開でした。

スタートでは、ジェンソン・バトンのジャンプ・アップが目立ちました。
ヒュルケンベルグの接触による混乱に乗じて、19番手から一気に11番手まで挽回し、直ぐに入賞圏内の10番手を走行していました。

また、レース終盤ではフェルナンド・アロンソが前を行くフェリペ・マッサとカルロス・サインツを次々にパスし、ベッテルに続く5位というポジションで10ポイントを獲得しています。

どちらのドライバーも経験豊富で、ここぞというところで活躍してくれます。
両者ともスタートが上手いので、決勝レースではよい結果をもたらしています。

次のメキシコでもドライバーのパフォーマンスに期待したいと思います。

結果

F1 2016 第18戦 US GP
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ – 全56周(2016.10.23)

ハースのグロージャンが入賞してよかったですね。

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 25
2 ニコ・ロズベルグ メルセデス 18
3 ダニエル・リカルド レッドブル 15
4 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 12
5 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 10
6 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 8
7 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 6
8 セルジオ・ペレス フォース・インディア 4
9 ジェンソン・バトン マクラーレン 2
10 ロマン・グロージャン ハース 1
11 ケビン・マグヌッセン ルノー
12 ダニール・クビアト トロ・ロッソ
13 ジョリオン・パーマー ルノー
14 マーカス・エリクソン ザウバー
15 フェリペ・ナッセ ザウバー
16 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ
17 パスカル・ウェーレイン マノー
18 エステバン・オコン マノー
r(38) キミ・ライコネン フェラーリ
r(28) マックス・フェルスタッペン レッドブル
r(16) エステバン・グティエレス ハース
r(1) ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア

ドライバーズ・ランキング

キミ・ライコネンはチームのミスでベッテルにポイントで逆転されてしまいました。
アンセーフリリースとは情けない。

順位 ドライバー(チーム:No) ポイント
1 ニコ・ロズベルグ(メルセデス:6) 331
2 ルイス・ハミルトン(メルセデス:44) 305
3 ダニエル・リカルド(レッドブル:3) 227
4 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5) 177
5 キミ・ライコネン(フェラーリ:7) 170
6 マックス・フェルスタッペン(レッドブル:33) 165
7 セルジオ・ペレス(フォース・インディア:11) 84
8 バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ:77) 81
9 ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア:27) 54
10 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン:14) 52
11 フェリペ・マッサ(ウイリアムズ:19) 49
12 カルロス・サインツ(トロ・ロッソ:55) 38
13 ロマン・グロージャン(ハース:8) 29
14 ダニール・クビアト(トロ・ロッソ:26) 25
15 ジェンソン・バトン(マクラーレン:22) 21
16 ケビン・マグヌッセン(ルノー:20) 7
17 ジョリオン・パーマー(ルノー:30) 1
18 パスカル・ウェーレイン(マノー:94) 1
19 ストフェル・バンドールン(マクラーレン:47) 1
エステバン・グティエレス(ザウバー:21) [11]
マーカス・エリクソン(ザウバー:9) [12]
フェリペ・ナッセ(ザウバー:12) [12]
リオ・ハリアント(マノー:88) [15]
エステバン・オコン(マノー:31) [16]

コンストラクターズ・ランキング

コンストラクターズはメルセデスの制覇が決定しました。

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 636
2 レッドブル 400
3 フェラーリ 347
4 フォース・インディア 138
5 ウィリアムズ 130
6 マクラーレン 74
7 トロ・ロッソ 55
8 ハース 29
9 ルノー 8
10 マノー 1
11 ザウバー [12]

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアボタン

フォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)