F1US GP予選で更にマクラーレン・ホンダの実力が露呈した? 日本GPからの流れは変わりません。

us-gp
image photo by Joe McGowan 

F1US GPは地球の裏側ということもあって、ライブのネット観戦は深夜に起きなければなりません。

でも、ネット観戦なので枕元にタブレットがあれば問題ありませんね。
しかし、あまりにもつまらない展開だと眠ってしまう恐れがあります。

スポンサーリンク
AdSence

ジェンソン・バトンがまさかのQ1落ち

せっかく寝ぼけ眼をこすって予選を見ていたのですが、なんとジェンソン・バトンがQ1落ちしてしまいました。

ジェンソン・バトンの最後のアタックはオンボード・カメラの映像を追うことが出来ました。

途中まではフェルナンド・アロンソと同等のタイムで走っていたので安心していたのです。
ところが、結果はQ1を突破出来ませんでした。

最終セクターでトラフィックに捕まり、さらにはジョリオン・パーマーがアタックコース上をふさいでいました。

ジェンソンは不運だったと思います。

フェルナンド・アロンソはQ2を突破出来ず

Q1を突破したフェルナンド・アロンソも結局Q2止まりでした。

ターン11とターン12に挟まれたロングストレートや高速コーナーが多いサーキット・オブ・ジ・アメリカズではメルセデス・エンジンの優位性は変わりません。

しかし、レッドブルのマシンはさすがに速いですね。

エイドリアン・ニューウェイを引っ張ってくるしか、マクラーレン・ホンダが勝つすべはないのかもしれません。

そんな中、ロス・ブラウンの復帰説が持ち上がっているのは面白いと思います。

今年はUS GPを含めて4戦しかないので、来年に期待しましょう。

予選結果

順位 ドライバー チーム タイム
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’34.999
2 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1’35.215
3 ダニエル・リカルド レッドブル 1’35.509
4 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’35.747
5 キミ・ライコネン フェラーリ 1’36.131
6 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’36.358
7 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1’36.628
8 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 1’37.116
9 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1’37.269
10 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1’37.326
11 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’37.353
12 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’37.417
13 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1’37.480
14 エステバン・グティエレス ハース 1’37.773
15 ジョリオン・パーマー ルノー 1’37.935
16 マーカス・エリクソン ザウバー 1’39.356
17 ロマン・グロージャン ハース 1’38.308
18 ケビン・マグヌッセン ルノー 1’38.317
19 ジェンソン・バトン マクラーレン 1’38.327
20 パスカル・ウェーレイン マノー 1’38.548
21 フェリペ・ナッセ ザウバー 1’38.583
22 エステバン・オコン マノー 1’38.806

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアボタン

フォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)