雨のブラジルGPでハミルトンとフェルスタッペンにアイルトン・セナの走りを見た。(F1 2016第20戦:ブラジルGP)

max-verstappen
image photo by lmankram7 

ブラジルGPはフェリペ・マッサにとって最後の母国グランプリとなります。
その大切なグランプリは雨のために大荒れの様相を呈しました。

セーフティカー先導のスタートになったばかりか、クラッシュが相次ぎ2回の赤旗中断となっています。

ベテランのライコネンですら、激しいクラッシュでリタイアしてしまいました。
さらにはマッサまでもがクラッシュ、リタイアとなってしまったのでした。

……

そんな難しいコンディションのブラジルGPで、あたかも「雨の魔術師」アイルトン・セナを思わせる走りを見ることが出来たのです。

1984年雨のモナコグランプリ、アイルトン・セナは非力なトールマンTG184を駆り、誰もが想像を絶するスピードで駆け抜けました。

今ではメルセデスに関わっているニキ・ラウダを抜き去り、トップを行くアラン・プロストに迫る走りは、まさに鬼神と見まがうばかりでした。

それと同等の走りをブラジルGPのマックス・フェルスタッペンが見せたのです。

フェルスタッペンの終盤の走りは、まさにアイルトン・セナが乗り移ったかのようでした。

参照  Race highlights – Brazil 2016(formula1.com)

スポンサーリンク
AdSence

雨をものともせず完全勝利のハミルトン

そしてもう一人、完全勝利のハミルトンもまた、雨に強いドライバーです。

ブラジルGPではセーフティカーや赤旗のため、築いたギャップを失いながらも全く危なげなく雨のレースを制しました。

アイルトン・セナ仕様のヘルメットは水漏れを起こし、つけてフィニッシュすることが出来ませんでしたが、セナと同様に雨の強さを見せつけたのでした。

終盤のフェルスタッペンのバトルはセナそのもの

周回数の少ないタイヤを履いていたとはいえ、ベッテル、サインツ、ペレスを鮮やかに抜いたスピードは圧巻でした。

ニキ・ラウダですら賞賛したほどです。
ラウダもまたフェルスタッペンにセナの走りを見たのかもしれません。

この日のフェルスタッペンは、あの雨のモナコのアイルトン・セナと同じように、次世代のワールドチャンピオンに値することを証明したのでした。

image:photo by PSParrot 1984年、アイルトン・セナは初めてF1を戦うことになります。 それは、順風満帆...

結果

F1 2016 第20戦 ブラジルGP
インテルラゴス・サーキット – 全71周(2016.11.13)

フェルスタッペンばかりでなく、フェルナンド・アロンソの走りも印象的でした。
ポイント圏外から10位の1ポイントをもぎ取って見せたアロンソもものすごいドライバーです。

ナッセもザウバーに初ポイントをもたらした素晴らしい走りでした。
これによりザウバーはチャンピオン・シップ最下位を脱することができました。

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 25
2 ニコ・ロズベルグ メルセデス 18
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル 15
4 セルジオ・ペレス フォース・インディア 12
5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 10
6 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 8
7 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア 6
8 ダニエル・リカルド レッドブル 4
9 フェリペ・ナッセ ザウバー 2
10 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1
11 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ
12 エステバン・オコン マノー
13 ダニール・クビアト トロ・ロッソ
14 ケビン・マグヌッセン ルノー
15 パスカル・ウェーレイン マノー
16 ジェンソン・バトン マクラーレン
r(61) エステバン・グティエレス ハース
r(48) フェリペ・マッサ ウィリアムズ
r(20) ジョリオン・パーマー ルノー
r(19) キミ・ライコネン フェラーリ
r(12) マーカス・エリクソン ザウバー
r(0) ロマン・グロージャン ハース

ドライバーズ・ランキング

順位 ドライバー(チーム:No) ポイント
1 ニコ・ロズベルグ(メルセデス:6) 367
2 ルイス・ハミルトン(メルセデス:44) 355
3 ダニエル・リカルド(レッドブル:3) 246
4 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5) 197
5 マックス・フェルスタッペン(レッドブル:33) 192
6 キミ・ライコネン(フェラーリ:7) 178
7 セルジオ・ペレス(フォース・インディア:11) 97
8 バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ:77) 85
9 ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア:27) 66
10 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン:14) 53
11 フェリペ・マッサ(ウイリアムズ:19) 51
12 カルロス・サインツ(トロ・ロッソ:55) 46
13 ロマン・グロージャン(ハース:8) 29
14 ダニール・クビアト(トロ・ロッソ:26) 25
15 ジェンソン・バトン(マクラーレン:22) 21
16 ケビン・マグヌッセン(ルノー:20) 7
17 フェリペ・ナッセ(ザウバー:12) 2
18 ジョリオン・パーマー(ルノー:30) 1
19 パスカル・ウェーレイン(マノー:94) 1
20 ストフェル・バンドールン(マクラーレン:47) 1
エステバン・グティエレス(ザウバー:21) [11]
マーカス・エリクソン(ザウバー:9) [11]
エステバン・オコン(マノー:31) [12]
リオ・ハリアント(マノー:88) [15]

コンストラクターズ・ランキング

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 722
2 レッドブル 446
3 フェラーリ 375
4 フォース・インディア 163
5 ウィリアムズ 136
6 マクラーレン 75
7 トロ・ロッソ 63
8 ハース 29
9 ルノー 8
10 ザウバー 2
11 マノー 1

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン