2016年最後のF1アブダビGPのポールはルイス・ハミルトン。マクラーレン・ホンダはいつもの様にアロンソのみQ3。ジェンソン・バトンはF1最後の予選を12位で終わる。

abu-dhabi-formula-1
image photo by Nick Webb 

ついに2016年F1もアブダビGPで最後となりました。

この予選を前にジェンソン・バトンは事実上の引退を認め、2016年を最後にF1を去る決意を固めたようです。(2017年はマクラーレンのアンバサダー)

2015年、2016年のマクラーレン・ホンダはパフォーマンスがなく、バトンの引退を飾ることができませんでした。

しかし、この2年間でパワーユニットは大きく進化し、中段グループで戦えるマシンに成長したことは評価出来るでしょう。

バトンには来年も頑張って欲しかったのですが、残念です。

スポンサーリンク
AdSence

フォース・インディアを抜けなかったマクラーレン・ホンダ

アロンソの予選9番手、バトンの12番手は今年の定位置のようになってしまいました。

結局マクラーレン・ホンダはメルセデス・エンジンをつんだフォース・インディアを追い越すことが出来ませんでした。

今回の予選結果もそうですが、獲得ポイントが実力差を示しています。

同じエンジンをつんだウイリアムズとは戦えるところまで来たことを思うと、フォース・インディアとの差はシャシーにあるのでしょう。

マクラーレンのような大きなチームがフォース・インディアに劣ったままだったことは2017年シーズンに不安を残す結果となりました。

ただ、来年はマシンのレギュレーションが大きく変わることになるので、ふたを開けてみないと何とも言えません。

ロズベルグはチャンピオンを獲得できるでしょうか?

ここまで来ればニコ・ロズベルグにチャンピオンになって欲しいと思います。

トラブルさえ無ければチャンピオンになれるはずです。

ハミルトンにポールを奪われたとしても心配なのはインシデントとマシントラブルのみです。

明日の新チャンピオンに期待します。

予選結果

順位 ドライバー チーム タイム
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’38.755
2 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1’39.058
3 ダニエル・リカルド レッドブル 1’39.589
4 キミ・ライコネン フェラーリ 1’39.604
5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’39.661
6 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’39.818
7 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1’40.501
8 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’40.519
9 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 1’41.106
10 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1’41.213
11 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 1’41.084
12 ジェンソン・バトン マクラーレン・ホンダ 1’41.272
13 エステバン・グティエレス ハース 1’41.480
14 ロマン・グロージャン ハース 1’41.546
15 ジョリオン・パーマー ルノー 1’41.820
16 パスカル・ウェーレイン マノー 1’41.995
17 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1’42.003
18 ケビン・マグヌッセン ルノー 1’42.142
19 フェリペ・ナッセ ザウバー 1’42.247
20 エステバン・オコン マノー 1’42.286
21 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1’42.393
22 マーカス・エリクソン ザウバー 1’42.637

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアボタン

フォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)