ロン・デニスがいなくなったマクラーレン・ホンダは誰が統率するのか? 私が夢想するのはロス・ブラウン。

ross-brawn
image photo by Paul Williams 

マクラーレンの顔といえば、ロン・デニスです。

アイルトン・セナやミカ・ハッキネンの時代もロン・デニスがチームを率いていました。

一時、マーティン・ウィットマーシュがCEOとしてチームを率いた時期もありました。
ホンダのカムバックを発表したのはマーティン・ウィットマーシュです。
しかし、ホンダが戻ってくる前にマーティン・ウィットマーシュは辞任し、その後はロン・デニスがCEOを引き継いでいます。

私はマクラーレンを強力に引っ張ってきたのはロン・デニスだと思っていたのですが、今回の退陣のニュースを受けて「チームの老害」だったとする記事も見うけられます。

実際のところはどうだったのか分かりませんが、マクラーレンにおいて、またF1において、一つの時代が終わったことは間違いないでしょう。

スポンサーリンク
AdSence

同じブラウンならザクよりロスのほうがいい

ロン・デニスが一線を退いてから会長兼CEOを解任されるまでの間、マーティン・ウィットマーシュがチーム代表となっていた時はまだよかったものの、ロータスからエリック・ブーリエがレーシング・ディレクターとしてやって来たときはびっくりしました。

簡単にチーム代表がチームを変わるとは思いもよらなかったからです。

こうして「ロン・デニスのマクラーレン」はわけの分からない組織になっていきました。

ホンダが戻ってくるとロン・デニスのマクラーレン・ホンダが復活したと喜びはしたのですが、エリック・ブーリエの働きが、より一層分からなくなりました。

さらにロン・デニスは新CEOにフォルクス・ワーゲンからヨースト・カピートを引き抜いたばかりでした。

マクラーレンは一体どうなってしまうのでしょうか?

……

そして発表されたのはエグゼクティブディレクターにザク・ブラウンが就任したというニュースです。

直接F1チームにどれほどの影響をもたらすのかは分かりません。

しかし、同じブラウンがニュースになるのならロス・ブラウンがマクラーレンへ加入というような流れを夢想してしまいます。

ロン・デニスが連れてきたヨースト・カピートがどうなったのか分かりませんので、代わりにロス・ブラウンを招いてみてはどうでしょうか?

ホンダがF1から去った後、ブラウンGPでタイトルを取った手腕は既に伝説となっています。

さらにはメルセデスGPの基礎を築いたのもロス・ブラウンです。

マクラーレン・ホンダをチャンピオンへ導くロス・ブラウンの姿を見てみたいと思いませんか?

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアボタン

フォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)