平井和正の新作「21世紀8マン」に期待する超古代文明への接近

21世紀8マンはいったいどんなストーリー展開になるのだろう?
今までの平井作品はストーリー展開が予測できず、意外な展開こそが本分である。
しかし、前回8マンが復活したときのインタビューでは初代8マンの展開は超古代文明に及ぶことになっていたと語られている。

平井和正全集「サイボーグブルース」の後書きには、打ち切り後のエイトマンについて触れてある。非常に興味深いのは、エイトマンの開発についてだ。 ...
スポンサーリンク
AdSence

21世紀8マンへの期待

如何に谷博士といえどスーパーロボット8マンを元から開発したわけではなく、超古代文明のブラックボックスを使用しているというのだ。
この8マンのルーツというべき古超代文明の謎に迫っていくはずであった。
つまりこの部分は未消化に終了した8マンである。
今度復活するとなればこの部分が語られるのではないだろうか?
期待してしまう。
ビッグプレリュードをはやく読みたい。
来年まで待てない。
先に電子ブックで出してくれればいいのに。

(以上 2001.7.8)


追記

インフィニティー・ブルー〈上〉 (集英社文庫)

21世紀8マンとはインフィニティー・ブルーのことである。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

by Amazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン