平井和正の真幻魔大戦 待望(真幻魔大戦は「現代編」「上代編」「異世界編」の3部構成)

真幻魔大戦は角川文庫に一部収録されたのを最後に書店から消えた。
最終巻まで発表されたのは徳間ノベルスと徳間文庫のみである。

スポンサーリンク
AdSence

真幻魔大戦の構成

真幻魔大戦はビッグプロローグから始まる「現代編」、杉村優里、役小角らの登場する飛鳥時代「上代編」、ムーの世界から幻魔世界へ飛躍する「異世界編」の3部構成がいままで発表されている。
最も好きなのはやはり「現代編」であって、東丈が登場するのはこの部分のみだ。
東丈と杉村優里のコンビはまさに理想で、ここまで心のつながる人間関係は現実には存在し得ないであろう。
そこがいいのである。
東丈は高次元世界のルナ姫と出会うことによって次元の彼方に旅立ってしまうのだが、東丈の帰還を信じて真幻魔大戦を読み進めた。
しかし、その願いは果たされることなく、未完のままシリーズは終了してしまったのである。

未完の帝王 平井和正

当時、平井和正は作品を完結させることが出来ないことで有名であった。それまで一応の終了をみたのは、「ゾンビーハンターシリーズ」(これも完結とはいえないかもしれません)ぐらいだった。
その後「地球樹の女神」や「ウルフガイシリーズ」等、続々と完結させ。「未完の帝王」の汚名(?)を返上したのである。

ともあれ、真幻魔大戦は未完のままで、続編の発表を待望してやまなかったのである。
もし、今度世の中に現れるとするならば、必ず完結するはずだ。
もともと、次元を超越した作品だけに、混迷は深まるばかりかもしれないが、とにかく最も待ち遠しい作品なのだ。

(David Bowie 「Ziggy Stardust 30th Anniversary Edition」(UK)を聴きながら)

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

by Amazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアボタン

フォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)