スポンサーリンク
平井和正の「狼男だよ」再び

平井和正の「狼男だよ」再び

ついに「狼男だよ」がハルキ文庫で復活した。 泉谷あゆみさんのイラストです。 ハルキ文庫版「アダルト・ウルフガイ」 狼男だよ―アダル...

記事を読む

電子書籍:PDFとT-Time

電子書籍:PDFとT-Time

最近は平井作品の最新作品を読もうとするとデジタルブックということになる。 「ボヘミアンガラス・ストリート」からパソコン通信を使って最新作品...

記事を読む

虎はねむらない(平井和正のノンSF短編集)

虎はねむらない(平井和正のノンSF短編集)

平井さんがレイモンド・チャンドラーのファンだったことや、SF以外の作品を発表していたことは、若い読者層にはあまり知られていないのではないでし...

記事を読む

もう一度読みたい平井和正作品のこと(人類ダメ小説・ルシフェル伝)

もう一度読みたい平井和正作品のこと(人類ダメ小説・ルシフェル伝)

現在「ウルフガイDNA」が進行中で、ほぼリアルタイムで(1巻分遅れつつですが)読んでいる。 今月は5巻目がT-Time版で出版。同時に手に...

記事を読む

月光魔術團 ウルフガイDNA登場!(平井和正の月光魔術團Ⅱ)

月光魔術團 ウルフガイDNA登場!(平井和正の月光魔術團Ⅱ)

現在進行形の小説は「月光魔術団2、ウルフガイDNA」。 実は私はPDF版を読んでいないため、3巻目をやっと読んだところ。 平井ファンにし...

記事を読む

平井和正が経験した改竄20周年を経て、ハードカバー版「地球樹の女神」登場!(もしかして30周年もある?)

平井和正が経験した改竄20周年を経て、ハードカバー版「地球樹の女神」登場!(もしかして30周年もある?)

徳間書店から1990年ハードカバー版「地球樹の女神 part1」が発売された。 前年まで角川ノベルズから6巻が刊行されていたシリーズである...

記事を読む

平井和正全集の思い出

平井和正全集の思い出

今でも平井和正全集を手にとって、続きが出ないかなと思うことがあります。 熱望する本です。 リム出版刊の全集は未発表作品の小冊子が附属...

記事を読む

ボヘミアンガラス・ストリート:平井和正

ボヘミアンガラス・ストリート:平井和正

平井和正「ルシフェル伝」ついに完結? 「ルシフェル伝」は幻魔大戦、ハルマゲドンではなかったか? そんな思いで「ボヘミアン・ストリート」を...

記事を読む

「NEW・幻魔大戦」集英社から幻魔大戦発売! 平井和正の決定版幻魔大戦。

「NEW・幻魔大戦」集英社から幻魔大戦発売! 平井和正の決定版幻魔大戦。

幻魔大戦再開? 集英社から文庫版が全10巻予定で刊行開始された。 すでに4巻が発売されている。 最終刊まで出版できるか? しかしこの...

記事を読む

平井和正のジュブナイル短編集「月光学園」の不思議

平井和正のジュブナイル短編集「月光学園」の不思議

比較的最近(平成6年3月のことですが)「月光学園」(不思議文学館)という短編集が出版芸術社から出版されたのをご存じでしょうか? ふしぎ文学...

記事を読む

平井和正のハチャハチャSF「超革命的中学生集団」

平井和正のハチャハチャSF「超革命的中学生集団」

平井作品はハードボイルドSFと言われた時代。 レイモンドチャンドラーや大藪春彦を尊敬している彼が「狼男だよ」から始まるハードボイルドSFの...

記事を読む

平井和正作品を彩る魅力ある悪役たち(「ドクター・レオナード・タイガーマン」「高鳥慶輔」「四騎忍」「蜷川玲」「BEE」)

平井和正作品を彩る魅力ある悪役たち(「ドクター・レオナード・タイガーマン」「高鳥慶輔」「四騎忍」「蜷川玲」「BEE」)

平井作品には非常に魅力のある悪役たちが多数登場します。 そんなキャラクターに焦点をあててみました。 「真幻魔大戦」 やっぱり最高の悪役...

記事を読む

平井和正の忘れてしまった小説のこと(「メガロポリスの虎」「悪霊の女王」「犬神明」)

平井和正の忘れてしまった小説のこと(「メガロポリスの虎」「悪霊の女王」「犬神明」)

実は平井ファンを自称する私ですが、失念してしまった作品(嫌いなのかも?)もいくつかあります。 平井作品はすぐに作品世界にとけ込めるし、主人...

記事を読む

キンケイド署長(平井和正:ウルフガイシリーズ・狼のレクイエム 第3部)

キンケイド署長(平井和正:ウルフガイシリーズ・狼のレクイエム 第3部)

「狼のレクイエム 第3部」ついに開始される。それが「黄金の少女」編でした。 青鹿晶子はどうなってしまったのか? 虎4は生き残っているのか...

記事を読む

情念の作家・平井和正

情念の作家・平井和正

平井和正は情念の作家と言われています。「言霊使い」の方が一般的ですが、初期作品には人間悪の追求作業が多くみられます。 多分、「虎の時代」か...

記事を読む

アンドロイド美女は誰?(平井和正が生み出したキャラクター:レオノーラ・お雪・虎2・ベアトリス王女・ムーンライト・杉村由紀・杉村優里)

アンドロイド美女は誰?(平井和正が生み出したキャラクター:レオノーラ・お雪・虎2・ベアトリス王女・ムーンライト・杉村由紀・杉村優里)

真幻魔大戦で登場する「杉村優里」。彼女は「東丈」から「アンドロイド美女」と呼ばれます。 彼女の容姿でぴったりくるのはやっぱり「生頼範義」氏...

記事を読む

平井和正の処女作「レオノーラ」(「悪夢のかたち」より)

平井和正の処女作「レオノーラ」(「悪夢のかたち」より)

平井和正処女作が「レオノーラ」です。 「レオノーラ」とは人間に絶望した主人公「ケン」の妹「ジュリ」が旅行の間、ケンの将棋の相手をさせるため...

記事を読む

角川文庫が書店から消えた日(平井和正の本が消失):「地球樹の女神」の改竄事件に端を発して

角川文庫が書店から消えた日(平井和正の本が消失):「地球樹の女神」の改竄事件に端を発して

平成元年8月を最後に、「地球樹の女神」の刊行がストップしてしまいました。 刊行巻数は6巻を数えていました。 何が起こったのか分からな...

記事を読む

キーワードは多元宇宙(パラレルワールド):平井和正の作品世界

キーワードは多元宇宙(パラレルワールド):平井和正の作品世界

平井和正の宇宙感は多元宇宙に集約されます。 作品世界では、「アダルト・ウルフガイシリーズ」と「ウルフガイシリーズ」、「幻魔大戦(マンガ版)...

記事を読む

平井和正の原点:8マン(エイトマン)ラストシーン(私の中の最終回)

平井和正の原点:8マン(エイトマン)ラストシーン(私の中の最終回)

私の頭の中にある8マンラストシーンはこんな感じです。 いまでは、さだかではありませんが… 私が記憶するエイトマンの最終回とは 私はつい...

記事を読む

スポンサーリンク
AdSence
AdSence