ChainLPの使い方:インストールから始める電子書籍の最適化事例

ChainLPはNo.722さんが無料で配布している、小説やコミックの編集(自炊)ソフトウェアだ。
詳しいことは作者のブログを見ていただきたいのだが、実際に使ってみるとよく分からないことがいっぱいある。
この、ソフトウェア名称でググった回数は数え切れません。
よく知らなくても使えるのだが、独自のノウハウもあるかもしれないので、私がこのソフトウェアをどのように使っているかを、kobo aura h2o最適化事例で、まとめてみたいと思う。

※私はMacユーザーなのだが、Parallelsを使用してWindows7上で使っている。

スポンサーリンク
AdSence

ChainLPが出来ること

  1. スキャンしたpdf、jpg(png)画像を様々な書籍リーダーに最適化した電子書籍データを出力してくれる
  2. 書籍リーダーは6インチ画面のものが主流なので、書籍の余白部分を削除して見やすくしてくれる(ノンブルやページタイトルも削除してくれる)
  3. 傾いてスキャンされたページを補正してくれる
  4. 薄くスキャンされたページも濃くしてくれる

最初のステップ:ChainLPのインストール

  1. No.722さんのHPからダウンロードしパソコンの好きな場所におく(私はドキュメントの中に入れてある)
  2. ランタイムのインストール(Microsoft.Net framework 4.0というランタイムがないと動きません。ランタイムはこちら
    このランタイムは既にインストールされている場合もあるので、ChainLPを起動してみてメッセージが出たらインストールすればよい。
  3. ePub作成のためにzip32j.dllとzip32.dllが必要(こちらからダウンロード)。ダウンロードしたら、システムフォルダーにコピーする。
    この2つは32bitパソコンと64bitパソコンでコピーする場所が違うので注意が必要。
    ●32bitパソコン:systemフォルダーの中
    ●64bitパソコン:SysWOW64フォルダーの中
  4. Kindlegenをダウンロードし解凍。その中のKindlegen.exeをChainLPフォルダーの中に入れる。(ダウンロードはこちら
  5. 簡単PDFダイエット(20131005-PDFDiet-release)をダウンロードして解凍(ダウンロードはこちら
  6. 20131005-PDFDiet-releaseを任意のフォルダーにコピー(私はドキュメントの中に入れてある)
  7. kindlestrip_multi_batchをダウンロードし解凍。
    あれ? kindlestrip_multi_batchのダウンロード先URLが無くなってますね。
  8. kindlestrip_multi_batchを解凍して20131005-PDFDiet-releaseの中にコピー
  9. kindlestrip_multi_mobiのエイリアスを作ってデスクトップに配置
    ※5〜9はkindlestrip_multi_batchがどこかで手に入れられたらやってみてください。

以上でインストール完了です。
5〜9はKindle用のMobiファイルをサイズダウンする場合の準備ですので、サイズダウンしなくてもKindleで電子書籍を読むことは出来ます。

※kindlestrip_multi_batchが手に入らない場合、Kindle用のMobiデータをサイズダウンする方法は以下をご参照ください。

image:photo by Hajime NAKANO ChainLPのインストール記事を書いた際に、kindlestrip_m...

Acrobat Proでjpgファイルのフォルダを用意

前回の記事でjpgのトリミングを紹介しましたが、その方法でjpgフォルダを作成。
ChainLPはpdfのままでも読み込み可能なのだが、前回記事で紹介したようにトリミングしないと、余白を上手く圧縮できない場合があります。
ChainLPでも入力事前トリミング機能があるので、Acrobat Proが無くても大丈夫です。

ChainLPのみでスキャンデータpdfから電子書籍を出力する方法は以下を参照してください。

過去記事ではスキャンデータからjpgファイルのフォルダを作成した後にChainLPで読み込んで電子書籍データを作っていました。 その場...

ChaimLPを起動しjpgフォルダを読み込む

前回も紹介した田中芳樹のタイタニア5をサンプルにデータを読み込んでみる。

名称未設定 9

読み込み完了すると以下の様になる。

01

ChaimLPの設定をkobo aura h2o用に設定し、データ出力

様々な設定がありますが、今回はとりあえずkobo用のデータが出来るように設定します。
(設定のバリエーションに関しては別記事で紹介する予定です。)

まず、koboで見た際の余白を設定します。

名称未設定 16

私の場合、上下25ピクセル・左右5ピクセルの余白を設定しています。

名称未設定 17

次に詳細設定を行います。

02

koboは文字がかすれやすいため文字を濃くしています。

名称未設定 13

除去リミットを調整して好みの大きさにします。
ここはどんなにググっても分からなかったのですが、
除去リミットを調整することで文字が少ないページも文字の多いページと同じような圧縮率に処理することが出来ます。
文章が少ししか入っていないページが極端に大きな文字になることを抑えられます(※重要です)
パーセンテージは試行錯誤で調整してください。

ノンブル転送して左右下に配置するようにしています。

名称未設定 14

①koboデータはcbz
②kobo aura h2oの解像度は1080×1430ピクセル
③この本はノンブルが左右下にあるので「左右下」を設定します。
④好みの濃さになるようにガンマとシャープネスを調整します。

名称未設定 15

後は「出力」 ボタンを押してデータが出来るのを待つだけです。

出力データと元データの比較

元のデータ

スクリーンショット 2015-02-14 21.23.49

処理後のデータは余白が除去され、ノンブルの位置が変わっています。

名称未設定 18

これで後はkobo aura h2oに転送して読むだけになりました。

自炊ならAmazon

Amazon.co.jp – <Kindle>Amazon 公式サイト‎

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン