デヴィッド・ボウイ周辺のアーティストたち①(ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド & ルー・リード)

Lou Reed
image photo by Phil King 

デヴィッド・ボウイが影響されたアーティストで、よくあげられるのは「ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」です。

「ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」のボーカルが「ルー・リード」ですね。

デヴィッド・ボウイはライブで「ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」の「White Light – White Heat」を頻繁に演奏しています。

この曲はミック・ロンソンのアルバム「Play, Don’t Worry」にも入っています。

スポンサーリンク
AdSence

The Velvet Underground & Nico

Velvet Underground & Nico
The Velvet Underground & Nico image by Amazon

私が購入したのは2枚組のバージョンで、片方はモノラルの曲が入っています。
ボウイが影響されたグループということで購入しました。
私には古すぎる印象のほうが強く、馴染めませんでした。

デヴィッド・ボウイは何曲か「ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」やルー・リードの曲をカバーしています。

このアルバムには「I’m Waiting For The Man」が入っています。

トランスフォーマー (Transformer)

Transformer
Transformer image by Amazon

このアルバムはルー・リードのソロアルバムではセカンド・アルバムにあたります。

プロデュースをデヴィッド・ボウイとミック・ロンソンが担当していることが購入の動機です。

このアルバムのジャケットからも分かるようにグラム・ロックの雰囲気が強く感じられる曲も複数入っています。「Vicious」「Hangin’ ‘Round」「Walk On The Wild Side」がそうですね。

ベルリン(Berlin)

Berlin
Berlin image by Amazon

いつもボウイのページにコメントをいただくaladdindogsさんにつられて買ってみました。

このアルバムはロックにしては陰鬱な感じなのですが、とても美しい曲が印象的です。
買って良かったアルバムのひとつになりました。

ザ・レイヴン(The Raven)

Raven
Raven image by Amazon

エドガー・アラン・ポーに材をとったアルバム。
タイトルもポーの詩からとったものです。
まるで、オペラを聴いているような感覚に陥るアルバムです。

ロックでこの劇的な構成は圧倒されますね。

このアルバムには朗読の入ったフルバージョンもあります。ルー・リードの朗読も味があります。

また、デヴィッド・ボウイも参加している曲もあります。
それが「Hop Frog」です。

短く、とてもコミカルな曲です。
でも、ボウイの声がはっきりと聞こえます。

私がルー・リードの傑作を選ぶとしたら、間違いなくこのアルバムです。

ルル(Lulu)

Lulu
Lulu image by Amazon

ルー・リードの最後のアルバムがこれです。
このアルバムはドイツの古典ミュージカルをモチーフとしています。

メタリカとのコラボ作品で、ルーでもメタリカのアルバムでもないことで、賛否両論あるようです。

デヴィッド・ボウイがこのアルバムをルー・リードの最高傑作と評価したことから買ってみました。

しかし、私にとっては「ザ・レイブン」が、「ルーリードの最高傑作」の地位を譲ることはありませんでした。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Raven
ザ・レイブンはiTunes Storeでもフルバージョンを買えます。
輸入盤で2枚組があるはずなのですが、見つけられませんでした。

by Amazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアボタン

フォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)