デヴィッド・ボウイ周辺のアーティストたち⑩(レニー・クラヴィッツ)

Lenny Kravitz
image photo by Larry Darling 

私が大好きなアルバムが「ブッダ・オブ・サバービア」ですが、このアルバムのタイトル曲は2バージョンあって、一つは、あのレニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz)がギターで参加しています。

しかし、そのアルバムでの評価は低くて「ボウイの曲をぶちこわした」と言われていたのを覚えています。

私はそこまで悪くないんじゃないかと思いますが、オリジナルバージョンの方が、私も好きだったりします。

レニー・クラヴィッツはデビット・ボウイとの親交が深かったようで、ボウイのライブで前座をつとめたこともあるようです。

デヴィッド・ボウイとレニー・クラヴィッツの音楽性の接点はあまりないように思いますが、レニー・クラヴィッツも嫌いではありません。

私は6枚のアルバムを持っています。

ここでは、デヴィッド・ボウイと親交が深かったアーティストとして、レニー・クラヴィッツのアルバムを紹介します。

スポンサーリンク
AdSence

Are You Gonna Go My Way:1993年発表

Are You Gonna Go My Way
Are You Gonna Go My Way image by Amazon

私が出会ったレニー・クラヴィッツはこのアルバムが最初ではありませんでした。
実は「5」だったんです。

それで、ファンキーな感じが気にいって、レニー・クラヴィッツを聴くようになったのですが、このアルバムはかなり硬質な感じのロックアルバムですね。

ギターが少し耳障りな感じすらあります。

Circus:1995年発表

Circus
Circus image by Amazon

さらに硬質感が増した感じのアルバムがこの「Circus」です。

タイトル曲はシンプルですが、ダークな感じがあります。
ジャケットも暗いし、とにかくイメージが悪いですね。

5:1998年発表

5 (REISSUED WITH 2 BONUS TRACKS)
5 (REISSUED WITH 2 BONUS TRACKS) image by Amazon

これこそがレニー・クラヴィッツと思い込んでいたアルバム。

前作に比べると、格段に明るいファンクになっています。
たぶん「Circus」で商業的に失敗し、懲りたのではないでしょうか?

私としてはこのアルバムはいうことありません。

しかし、このアルバムだけが他と違うということが、後に分かることになってしまうのです。

Lenny:2002年発表

Lenny
Lenny image by Amazon

「5」に比べるとやはり少し硬くなったアルバム。

しかし、このアルバムは結構好きで、よく聴きました。

こういう感じのアルバムはレニー・クラヴィッツらしいと感じます。
ギターにパワーが戻ってきて、アルバムの完成度も上がりました。

Baptism:2004年発表

Baptism
Baptism image by Amazon

サウンド的には昔に戻ってしまった感じでしょうか?

しかし、ポップな曲も入っていて、ちょっとレニーらしくないような気がします。

Love Revolution:2008年発表

It Is Time for a Love Revolution
It Is Time for a Love Revolution image by Amazon

このアルバムを最後にレニー・クラヴィッツから離れることになってしまいました。

レニーは「5」以外はどのアルバムも似たような感じなのが気になります。

私は「5」も好きですが、レニー・クラヴィッツのベストアルバムを上げるとすると2002年に発表された「Lenny」だと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

LENNY
まさにレニー・クラヴィッツなアルバムです。

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアボタン

フォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)