「CLUB BOWIE」と「The Scumfrog Vs Bowie(Loving The Alien)」(デヴィッド・ボウイのシングル集)

club

2003年はデヴィッド・ボウイの面白いアルバムが2組リリースされています。

ひとつは「ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ(Black Tie White Noise)スペシャル・エディション」の2CD+1DVD。もうひとつは「CLUB BOWIE」です。

連続してボウイのダンスバージョンのアルバムが出たわけですが、どちらも私はボウイらしいとは思えませんでした。

しかし、今となっては懐かしささえあるアルバムです。

スポンサーリンク
AdSence

CLUB BOWIE – RARE AND UNRELEASED 12″ MIXES

クラブ・ボウイ レア&アンリリースト12”ミックス

このアルバムはCCCDのころのアルバムなので私が持っているものは輸入盤でした。
収録曲のラインナップをみると、ヒット曲ばかりです。
しかし、オリジナル・アルバムバージョンとはまったく異なるダンスミックス(ハウスミックス)になっています。

どの曲もデビッド・ボウイの曲としては、あまりにも異質です。

ジャケットも蛍光色にタイトルのみというもので、ボウイらしくありません。

収録曲は以下。

  1. Loving The Alien
  2. Let’s Dance (Trifactor vs Deeper Substance Remix)
  3. Just For One Day (Heroes) (Extended Version)
  4. This Is Not America
  5. Shout (Original Mix)
  6. China Girl (Riff & Vox Club Mix)
  7. Magic Dance (Danny S Magic Party Remix)
  8. Let’s Dance (Club Bolly Extended Mix)

「Shout」は「fashion」のダンスミックスです。
このアルバムはエンハンスト仕様になっていて最後の「Let’s Dance」の映像を見ることが出来ます。

The Scumfrog Vs Bowie – Loving the Alien

Loving the Alien

アルバム「Tonight」唯一の収穫といわれる「Loving the alien」をDJ「The Scumfrog」がミックスしたものです。

私はビデオの収録されたバージョン「The Scumfrog Vs Bowie」も買ったはずなのですが、どこかに行ってしまいました。(イメージはビデオ収録盤)
手元にあったのはジャケットが違うビデオの入っていないシングルでした。

ジャケット・イメージは以下を参照してください。

参照:File:The Scumfrog vs Bowie – Loving the Alien.jpg(Wikipedia)

以下の曲が収録されています。

  1. Loving the Alien (Radio Edit)
  2. Loving the Alien
  3. 8 Days, 7 Hours

「CLUB BOWIE」の最初の曲がこのシングルのロングバージョン(2曲目)と同じものです。

最後の曲「8 Days, 7 Hours」にはボウイのボーカルはありません。
「Loving the Alien」を原曲にした「The Scumfrog」の曲です。

今、聴きかえすと、どの曲も落ち着きのないと思える曲ばかりです。
デヴィッド・ボウイは好きですが「CLUB BOWIE」は少し苦手です。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

クラブ・ボウイ レア&アンリリースト12”ミックス

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアボタン

フォローボタン

コメント

  1. aladdindogs より:

    やまりんさん、おはようございます。
    「CLUB BOWIE」私も嫌いです。
    あまりの原曲の破壊し過ぎで、知らずに初めて聴いたらBOWIEの曲と気付けない物や、歌(歌詞)のぶった切りは、ちょっと許せないものを感じます。
    BOWIE本人は気にいってたんでしょうか?

    なので私のBOWIEコレクションに、今は残っていません。
    そんなコンピですが、唯一「Loving The Alien」のシングルCDだけは残っています。
    多分、原曲に近くて、ちょっといかしているからだと思います。BOWIEの本アルバムのボートラにしても良い位の出来ですね。

  2. Lin より:

    aladdindogsさん、ありがとうございます。
    この「CLUB BOWIE」はどういう経緯で出されたんでしょうね?

    今ではAmazonだったか、ヤフオクだったか忘れましたが、高額商品になってます。
    高額を出してまで買わなくてもいいように思いますけど…

  3. aladdindogs より:

    今、ボウイ関連の本やCD、DVD、Blu-rayの発売が目白押しですけど、CDに関してはほとんどがオフィシャルではないので、音が悪いですね。

    ブートも、ここぞとばかり、もの凄い数出てきてビックリしてますが、こちらもCDRものが多いですね。
    私は、ブートはプレス盤でサウンドボードのライブと流出スタジオ音源を主に集めていますので、厳選して購入します。

    最新のBlu-rayブートに「LOW」と「HEROES」のハイレゾ5.1さサラウンドがありますが、これはもしかしたらオフィシャル化されるかもしれないですね。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      それは楽しみですね。
      オフィシャル商品化、期待してます。

      話は変わりますが、私は「ガンスリンガーの復讐」を買いました。
      早くみたいですが、ブログ書いてたら、時間なくなりました。

      これって面白いですか?

  4. aladdindogs より:

    話しは、つまらないと思います。
    しかし、ボウイが西部劇の悪役をやっている所は面白いと思いますし、彼が映画でよくやる、下手ウマな歌も歌っているので見て下さい。

  5. aladdindogs より:

    あっ、もしもDVDとBlu-rayRの2枚組だったら、ボウイのオリジナル音声はBlu-rayRの特典ヴァージョンでしか聞けません。
    あとは、イタリア語の吹き替えになっています。

  6. aladdindogs より:

    すみません、間違えました。
    オリジナル英語音声は、DVDの特典映像(本編全編収録しています)でした。
    しばらく、見ていないので間違えました。

    • Lin より:

      おお!英語版が特典にありました。
      助かりました。
      イタリア語だけだったら返品したくなりました。
      もう、開けてしまったので無理ですけど…

  7. aladdindogs より:

    やまりんさん、もしかして輸入盤ですか?
    やっと、日本盤出て喜びました。日本語字幕入っていますし。
    でも最初に買ったアメリカ盤は英語でした。

  8. aladdindogs より:

    良かったですね。
    Blu-rayRはついていませんでしたか?

    • Lin より:

      DVD版です。
      チラシもなんにも入ってませんでしたが…
      特典映像が粗くて暗い感じがありますね。

  9. aladdindogs より:

    あと、私はamazonのレビューにも書きましたが、英語版特典映像は画像悪いんです。
    まったく発売元はなにやってんだか。

    • Lin より:

      本編と特典映像のオープニングが異なっています。
      本編は木を打つ遊びの映像で、特典映像は少年の顔だけになっていますね。
      むむむ。
      とりあえず英語版を見てみます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)