デヴィッド・ボウイの世界


デビッド・ボウイは私の最大のヒーローでした。
「★」が最後のアルバムになるなんて、思ってもみませんでした。
このカテゴリーにはボウイ生前の思い出がいっぱい詰まっています。

『デヴィッド・ボウイの最新アルバム「★(Blackstar)」の世界を掘り下げる:「★とジャズとジギー・スターダスト」(★レビュー③)』という記事を書いていますが、今読むと泣けます。ボウイが亡くなる前日の記事でした。

ボウイが亡くなった衝撃は『デヴィッド・ボウイの「★(Blackstar)」が気に入った方に聴いて欲しいアルバム。「The Buddha of Suburbia(郊外のブッダ)」』のコメント欄を見て頂ければ分かります。

その後2日間、このブログでデヴィッド・ボウイへの特別な想いを綴っていました。

『デヴィッド・ボウイは死を見つめながら「★(Blackstar)」を創ったんですね』

『18ヶ月ものガンとの闘いの末、69歳の誕生日に「★(Blackstar)」を残し、2日後に逝く。その死にも意味を持たせて旅立った奇蹟のロックスター、デヴィッド・ボウイ。ボウイは偉大なヒーローでした。本当にジギー・スターダストだったのかもしれません。』

とにかく何かを書きたかったのです。

その想いは今も変わりません。


スポンサーリンク

デヴィッド・ボウイの90年代ライヴ・アルバムリリース第3弾「Something In The Air(Live Paris 99)」

デヴィッド・ボウイの90年代ライブ・アルバムの第3弾がリリースされます。 第1弾は5月15日「LIVEANDWELL.COM」、第2弾は7月3日「OUVREZ LE CHIEN (LIVE DALLAS 95)」でした。 ...
2020.07.29

デヴィッド・ボウイの未発表ライブアルバム「OUVREZ LE CHIEN(LIVE DALLAS 95)」 ストリーミング配信決定!!

少し前にデヴィッド・ボウイの3つの90年代のライブ配信があると告知されてました。 一つ目は「LIVEANDWELL.COM」でした。やっと、2つ目。 「OUVREZ LE CHIEN(LIVE DALLAS 95)」期待大で...
2020.04.18

デヴィッド・ボウイのアンプラグド(アコースティック・セッション)「CHANGESNOWBOWIE」

今年のレコードストアデイ(2020年4月18日 ※6月20日に延期)にデヴィッド・ボウイのアルバムが2種発売されます。 「CHANGESNOWBOWIE」と「I’M ONLY DANCING(THE SOUL TOUR 74)...

「ビサイド・ボウイ〜ミック・ロンソンの軌跡〜」をやっと観ました。

ミック・ロンソンのドキュメンタリーを劇場で見逃してしまい、日本語字幕付きのDVDが発売されるのを待っていました。 1月中旬には手元に届いていたのですが、なかなか見終わることができず、1ヶ月が経ってしまいました。 ミック・...
2020.02.17

デヴィッド・ボウイの未発表曲を集めたEP「David Bowie – Is it any wonder?」公式サイトでプレオーダー開始!

デヴィッド・ボウイの未発表曲を集めたEP「David Bowie - Is it any wonder?」のCDおよび12インチレコードの発売が告知されました。 すでに公式サイトでプレ・オーダーが開始されています。 参照...

ミック・ロンソンの「オンリー・アフター・ダーク〜コンプリート・メインマン・レコーディングス」をやっと開封!

ミック・ロンソンのBOXセット「オンリー・アフター・ダーク〜コンプリート・メインマン・レコーディングス」をやっと開封いたしました。 あ〜、やっぱりミック・ロンソンのギターは最高だ。 Mick Ronson Only Afte...
2020.04.18

「DAVID BOWIE IS IT ANY WONDER?」と「CHANGESNOWBOWIE」

デヴィッド・ボウイの誕生日にリリースされた「DAVID BOWIE IS IT ANY WONDER?」と「CHANGESNOWBOWIE」の発売。 「DAVID BOWIE IS IT ANY WONDER?」は未発表曲で構...
2020.01.14

デヴィッド・ボウイのBOX「カンヴァセーション・ピース」を開封!…したのだが。

2019年、12月初旬には到着していたデヴィッド・ボウイの5枚組BOXセット「カンヴァセーション・ピース」。 今回のBOXで、私の楽しみは「マーキュリー・デモ」です。 ジョン・ハッチンソンとのデュエットはサイモンとガーファン...
2020.07.09

デヴィッド・ボウイ – 最後の5年間(字幕版)を Amazon Prime Video で観た!

デヴィッド・ボウイが亡くなったのは2016年1月10日のこと。 アルバム「★」をリリースした3日後でした。 その1年後、2017年1月7日に英BBCで、デヴィッド・ボウイの2011年から2015年の5年間にスポットを当て...

デヴィッド・ボウイのティン・マシーン 1st発売30周年記念で発表されたジュリアン・テンプルが撮ったプロモ映像「9 Song Compilation」

Free-PhotosによるPixabayからの画像 最近のデヴィッド・ボウイは「Clareville Grove Demos box」や「Spying Through a Keyhole」などの掘り出し物アナログ盤が立て...

3月のデヴィッド・ボウイは「ジャスト・ア・ジゴロ」と「コンプリート・メインマン・レコーディングス」

Image by Free-Photos from Pixabay このところ初期のデモ情報で賑やかなデヴィッド・ボウイです。CD化の情報は今のところありません。 しかし、今月はデヴィッド・ボウイ関連のCDも出ます。 ジャ...
2019.02.12

デヴィッド・ボウイの伝記映画「スターダスト(Stardust)」がスポットをあてるジギー期のアメリカ行きを整理してみた。(ルー・リード、アンディ・ウォーホル、イギー・ポップとの出会い)

デヴィッド・ボウイの伝記映画「スターダスト(Stardust)」の制作が発表されました。 ボウイ役をジョニー・フリン、アンジー役をジェナ・マローンが務めます。監督はガブリエル・レンジ。脚本はクリストファー・ベルです。 いまだ...

EMIからヴィクトリー・ミュージックに移籍してリリースされた「ティン・マシーンⅡ(Tin Machine II)」は今では貴重盤?(1991年9月発表)

アルバム「ティン・マシーンⅡ(Tin Machine II)」はデヴィッド・ボウイの歴史の中で、特異なものになってしまいました。 とにかく再発されにくいのです。 「ティン・マシーン」までのアルバムはEMIとの契約で何度も...

グランジ勃興と時を合わせ登場したティン・マシーン。デヴィッド・ボウイはリーヴス・ガブレルス、セールズ兄弟と共に荒々しく生々しいロックの世界へ突入。アルバム「ティン・マシーン(Tin Machine)」を発表する。(1985年5月)

デヴィッド・ボウイが本当に凄いと思うのは「ネバー・レット・ミー・ダウン」みたいな大衆に迎合したようなアルバムを作った後に、ティン・マシーンをやってしまうことです。 「ティン・マシーン(Tin Machine)」は私のお気に入り...
2019.01.29

2018年ヴァージョンの登場で見直されたか! デヴィッド・ボウイの「ネバー・レット・ミー・ダウン(Never Let Me Down)」(1987年4月発表)

「ネバー・レット・ミー・ダウン(Never Let Me Down)」は、デヴィッド・ボウイの歴史の中で、最も酷評されるアルバムです。 しかし、2018年にサウンドをリプロダクトしたアルバムが登場して、そこまで悪いアルバムじゃ...
2019.01.27

デヴィッド・ボウイの「トゥナイト(Tonight)」は「次なるレッツ・ダンス」にはなれなかったけれど、この時期のボウイの活動を見れば面白いアルバム。(1984年9月発表)

デヴィッド・ボウイがアルバム「トゥナイト」を発表したのは1984年。 大ヒットアルバム「レッツ・ダンス」の翌年のことです。 「トゥナイト」はあまりよい評価を受けていません。 私自身もそれほど好きなアルバムではありません...

デヴィッド・ボウイの命日に発表された「ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡」日本公開! ザ・フレディ・マーキュリー・トリビュート・コンサートのデヴィッド・ボウイも観れる?

海外で2017年5月に公開されたミック・ロンソンのドキュメンタリー映画「Beside Bowie: Mick Ronson Story」。 デヴィッド・ボウイの命日の今日、日本でも公開されることが発表されました。 邦画タ...

デヴィッド・ボウイの誕生日にARアプリ「DAVID BOWIE is」が発売!…ところが非対応なんて。未発表曲集「SPYING THROUGH A KEYHOLE」のリリースもアナログだし。

1月8日はデヴィッド・ボウイの誕生日です。 以前からアナウンスされていたARアプリ「DAVID BOWIE is」が発売されました。 さらに未発表曲集「SPYING THROUGH A KEYHOLE」のリリースも公式発...
2019.01.07

デヴィッド・ボウイとケイト・ブッシュ

Photo by Paul Carless 私は昨年までケイト・ブッシュのことを気にも留めていませんでした。 「嵐が丘」という素晴らしい曲が流れていても「いいな」と思うくらい。 私の好きなグループ「プラシーボ」が...

2019年は「ジギー・スターダスト」&「世界を売った男」で明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。 2019年もデヴィッド・ボウイで明けました。 やっぱり「ジギー・スターダスト」です。 The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spide...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました