平井和正の世界


「平井和正の世界」は1999年7月にはじめたHPの記事が母体となっています。
平井和正生前の出版情報なども書いてます。
幻魔大戦の中断、ウルフガイシリーズの復活などに一喜一憂しました。当時は平井和正の小説が生活の一部だったのです。

『平井和正最後の作品「幻魔大戦deepトルテック」(2015.2.5)』がこのブログをスタートさせて、初めての平井和正関連の記事です。
このページを今読むと、平井和正が亡くなったことが感じられない不思議なページという印象を受けます。

平井和正への想いは氏が亡くなった次の日、日記のような記事を綴っていました。
『喪失感』

ショックが強く茫洋となりました。

その後、このブログを始めたのです。
平井和正が亡くなったことが、私に大きなエネルギーを与えてくれたようです。

現在では200記事を超えて継続中です。
以下のページで分類してあります。

平井和正の世界観・著作・事件を網羅する決定版作品インデックス。君は平井和正の全てを知ることができるか?(平井和正の世界:1999.7〜2015.5)

私と平井和正の出会いについては以下のページをご参照ください。

平井和正との出逢い。原点回帰する平井和正:作品区分からキャラクターを立てる手法まで〜もっと平井和正を知って欲しい。


スポンサーリンク
2020.01.29

ルーツ 平井和正・桑田二郎の「8マン・インフィニティ」全6巻を一気読み!

平井和正原作、桑田次郎(現在は桑田二郎)作画のコミック「8マン」をルーツに持つ、「エイトマン・インフィニティ」全6巻を一気読みしてしまいました。 このコミックは2005年〜2007年にかけて書籍が既に発売されています。 もち...

平井和正「死霊狩り(ゾンビー・ハンター)」再読。「鬼滅の刃」鬼殺隊・最終選別のルーツか?

平井和正の作品は常時、再読しています。 今、読んでいるのは以下の小説。 黄金の少女4 悪夢を作る男 ウルフガイ1 狼の紋章 アダルトウルフガイ2 狼よ故郷を見よ 真幻魔大戦3 犬神明2 ...

平井和正「悪霊の女王」電子書籍で発売! 特別付録「新悪霊の女王」を読了しました!

平井和正の悪霊の女王2「新悪霊の女王」が特別付録として掲載された電子書籍版「悪霊の女王」が発売されました。 以前から「新悪霊の女王」が掲載されることは告知されていたので、早速購入。 初めて「悪霊の女王」の続編を読みました...
2020.07.27

幻魔大戦 《オリジナル完全版》雑誌連載仕様+特典満載の全2巻で発売! 平井和正の原案「魔法大戦」の原稿も掲載!!

いずみ・あすか、平井和正原作。 石ノ森章太郎作画の幻魔大戦オリジナルコミックが雑誌連載仕様で蘇ります。 こんなことってあるんですね。 幻魔大戦 《オリジナル完全版》「魔法大戦」も掲載 幻魔大戦 《オリジナル完全版》 ...

平井和正の短編掲載「SFショートストーリー傑作セレクション」時間篇・ロボット篇・異次元篇(汐文社)

アマゾンで「平井和正」を検索すると、まったく見たことも無い書籍がヒットします。 しばらくの間、無関係な本だと思い込んでいました。 ところが、それらの本には平井和正の短編小説が掲載されていたのです。 SFショートストーリ...

平井和正 初の長編完結作品「地球樹の女神」山田章博のイラストで電子化開始!

このところ立て続けに平井和正の電子書籍が発売されています。 今度は「地球樹の女神」の登場です。 しかもイラストはカドカワノベルズ当時の山田章博です。 この「地球樹の女神」は改竄騒動も巻き起こった曰く付きの作品です。 ...

平井和正の短編集「悪徳学園」が電子書籍で登場!もうひとりの犬神明が活躍!

平井和正の「悪徳学園」(角川文庫版の表紙)が発売されていました。 「アンドロイドお雪」が出たばかりなので、この勢いで角川文庫の電子化が進むのかもしれません。出版社はe文庫です。 悪徳学園 悪徳学園 image by A...

中島梓(栗本薫)の平井和正論「狼の肖像」

中島梓(栗本薫)さんが1970年代後半に発表した平井和正論「狼の肖像」を引っ張り出してみました。 このブログの「平井和正の書籍」カテゴリに入れ忘れていたからです。 平井和正作品については様々な文庫で解説が掲載されています...
2018.11.18

平井和正の「アンドロイドお雪」電子書籍で登場!

平井和正の初期長篇「アンドロイドお雪」が電子書籍で発売されました。 「アンドロイドお雪」は平井和正の長篇2作目の小説です。 表紙は角川文庫版と同じ生賴範義のイラストですが、e文庫の出版のようです。 アンドロイドお雪 ...

死霊狩り(ゾンビー・ハンター)ハヤカワ文庫で書籍発売!!

やっと「死霊狩り(ゾンビー・ハンター)」のハヤカワ文庫版が到着しました。 今まで角川文庫、ハルキ文庫、平井和正全集などは「死霊狩り(ゾンビー・ハンター)」を3部作として3冊で発売されてきました。 このような分厚い1冊となった...
2020.07.10

8マン誕生の収録エピソードは「怪力ロボット007」です。

平井和正原作、桑田次郎作画の漫画「8マン」はアニメでは「エイトマン」として放映されました。 当時のアニメはモノクロで、1963年に放送が開始されています。 私は幼い頃、エイトマンの走る姿を真似ていた(と家族に聞い...
2018.06.16

平井和正の「死霊狩り(ゾンビー・ハンター)」ハヤカワ文庫から書籍で発売!サイボーグ戦士「ベガ」のフィギュアも!!

平井和正の書籍がこのところ立て続けに発売されました。 「狼の紋章」「狼の怨歌」「日本SF傑作選」に続いて、今度は「死霊狩り(ゾンビー・ハンター)」が発売です。 また、竹谷隆之による原型のサイボーグ戦士「ベガ」フィ...
2020.07.25

平井和正の作品はKindleやKoboで読めない傑作がたくさんあります。

平井和正は電子書籍出版のパイオニアでした。 e文庫で発売された作品やCDでセット販売された作品は多数に登ります。 最近ではAmazonやKoboなどの専用端末やアプリで読める電子版が主流になってきました。 対応した...

平井和正の三作品が電子書籍で登場!「サイボーグ・ブルース」「ストレンジ・ランデヴー」「インフィニティー・ブルー」

平井和正の傑作三作品が電子書籍で発売です。 いずれも文庫本発売時の表紙となっているのが、うれしいです。 サイボーグ・ブルース サイボーグ・ブルース (角川文庫) image by Amazon 「サイボー...

千葉真一の犬神明「ウルフガイ 燃えろ狼男」を観た。

平井和正のアダルトウルフガイを原作に映画化した作品に「ウルフガイ 燃えろ狼男」があります。 以前から知っていたのですが、この映画を今まで観たことがありませんでした。 DVDでも観たことはなく、すっかり忘れていまし...
2020.01.21

平井和正「死霊狩り(ゾンビー・ハンター)」角川文庫版が電子書籍で登場!

平井和正の「死霊狩り(ゾンビー・ハンター)」が角川文庫版の表紙で電子書籍として復活します。 平井和正の作品としては珍しく、きれいに完結した作品です。 さらに「人類ダメ小説」の傑作。 何度読んだかしれないほどです。 ...
2018.02.22

「日本SF傑作選4 平井和正 – 虎は目覚める/サイボーグ・ブルース -」に「デスハンター」のエピローグが掲載されていた!!

「日本SF傑作選4 平井和正 - 虎は目覚める/サイボーグ・ブルース -」が発売され、私の手元にも到着しました。 かねてから収録作品が気になっていました。 800ページの分厚い本には、どんな作品が収録されているの...

私の一人称小説①(ハードボイルド編:狼男だよ・平井和正 他)

小説の形態の上で、主人公目線で語られるものを「一人称小説」といいます。 ちなみに客観的な目線で語られる場合は「三人称小説」というわけです。 私にとって「一人称小説」は特別です。 何故かというと、若い頃、平井和正のア...
2020.07.10

日本SF傑作選4 平井和正 虎は目覚める/サイボーグ・ブルース(ハヤカワ文庫JA)予約開始!

日本SF傑作選4は平井和正です。 ついに予約開始されました。 日本SF傑作選4 平井和正 虎は目覚める/サイボーグ・ブルース(ハヤカワ文庫JA) 今まで、この傑作選は筒井康隆、小松左京、眉村卓と発表されてきました。 第1...
2018.02.22

新版「狼の紋章」「狼の怨歌」がハヤカワ文庫から出る!

なんと! 平井和正のウルフガイシリーズが新版で発売されます。 旧版ウルフガイシリーズは1971年、1972年にハヤカワSF文庫から発売されています。 まさか45年以上も経過して新版で復刊されるとは、驚くべきこと...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました