平井和正の世界

スポンサーリンク
2019.01.18

オールドパワー

平井先生はすでに60才を越えられたというのに、インターネット出版やパソコンを手組されたりとすごい。 私のおつき合いしている人たちといったら20代や30代の人が多いというのに「インターネットは駄目」とか、「パソコンはちょっと」などど...
2019.01.18

インターネットの力

月光魔術団第3部「幻魔大戦DNA」が公開されるまで、あとわずかとなってきました。 またムーンライト・キャンパスではe文庫の充実がはかられています。 本の流通自体がインターネットというネットワークによって、必要で無くなってしまった...
2019.01.18

月光魔術団 第3部 幻魔大戦DNAは電子書籍で発表されるのか?

さて、月光魔術団第2部「ウルフガイDNA」は完結間近で、既に第3部「幻魔大戦DNA」についてのニュースが飛び交っている。 本にはならないということだが、インターネット世代の私たちにとって見れば来るべきものが来たという感じである...
2019.01.18

いつの日にか還る・・・嗚呼タイムマシン(ウルフガイ・ドットコム:特別企画「平井和正・掘り出し物ストーリー1」)

出典:ウルフガイ・ドットコム:特別企画「掘り出し物」 ムーンライト・キャンパスで「いつの日にか還る・・・嗚呼タイムマシン」が公開された。 この作品、昭和37年の作品ということだから、 私が生まれてまだ1年にも満たないころの...
2019.01.18

ウルフガイ・ドットコム

ムーンライト・キャンパスの掲示板、どんどんすごくなってきた。 もう5ページ分も書き込みがある。 最初は私も全部の記事を読んでいたのだが、もうどれを読んでいてどれを読んでないのか、 さっぱり分からなくなってしまった。 平井ファ...
2019.10.20

「悪霊の女王(平井和正著)」のヒロイン「新井亜古」

平井和正の「悪霊の女王」を最初に読んだ時、取っつきにくさといったらなかった。 その印象を長年ひきずることになるのだが… 感情移入しづらいヒロイン:新井亜古 悪霊の女王 (1979年) (角川文庫) image by Ama...
2019.01.18

平井和正の月光魔術團 第3部「幻魔大戦DNA」発表

「ウルフガイDNA Vol.10」ゲットしました。17日のことです。 もう1週間が過ぎましたし、これに対するコメント、してもいいですよね。 幻魔大戦DNAはeブック? 平井先生のeブック、私は「ウルフガイDNA Vol.5」を...
2019.01.18

月光魔術団・ウルフガイDNA Vol.10の重大発表とは?

先日、ムーンライトキャンパスでは掲示板がオープンされた。 大変機能的な掲示板で、ツリー表示や一覧表示までついている、未読の記事も選別できるし申し分のない掲示板だ。 私も、仕事に使ってみたいと思っています。 最初の記入と10...
2019.01.18

黄金の少女(復活した平井和正のウルフガイシリーズ)

ウルフガイ・シリーズが長い休止から復活を遂げたのは「黄金の少女」編でした。 この再開は舞台をアメリカに移してウルフガイたちのその後を追うとともに新キャラクター「キンケイド署長」が登場し、チェンバーズの町でのハルマゲドンを克明に描い...
2019.01.18

女神變生 – 青鹿先生行状記(平井和正ライブラリー付録)

徳間書店から平井和正ライブラリーとして「幻魔大戦」がハードカバー本として刊行されたとき、付録として発表されたのが「女神變生-青鹿先生行状記」です。 平井キャラクター学園ストーリーで集結 平井作品の登場人物が配役として登場するこの...
2019.01.18

平井和正の月光魔術團完結

先週、言霊さんへ月光魔術團完結に向けてのメッセージを掲載した直後、オフィシャルサイトから吉報が届きました。 月光魔術團完結全37巻完結 オフィシャルサイトから月光魔術團37巻完結の報が届いた。 それまで36巻完結予定、そして現...
2019.01.18

言霊さんへ(平井和正の言霊さんに月光魔術團の完結をお願い)

平井先生は「言霊使い」であると自称してこられたが、 現在の言霊はどうなっているのでしょうか? ウルフガイシリーズ「人狼戦線」のあとがきを読んで 人狼戦線―アダルト・ウルフガイシリーズ〈4〉 (ハルキ文庫) image by...
2018.11.28

ハルマゲドン(平井和正ライブラリーの第8集)

第2次幻魔大戦「ハルマゲドン」は初出とその後の新書版では構成が変わっています。 読者の誤解を避けるためということだったのだが… ハルマゲドン 構成の変化 「ハルマゲドン」シリーズは第2次幻魔大戦として平井和正ライブラリーの第8...
2019.01.18

月光魔術團Ⅱ・ウルフガイDNA(平井和正著)は耽美小説か?

ぶらっと行きつけの書店に立ち寄った時のことである。 月光魔術団・ウルフガイDNAを探したのだが、 なかなか見つけられなかったのだ。 耽美小説の書棚にあるとは… ウルフガイDNA〈12〉メイwhiteメイblack―月光魔...
2019.01.18

我が輩は猫である(平井和正のアンドロイドお雪に登場するサイボーグ猫ダイ)

平井作品の中で漱石の猫君を彷彿とさせるキャラクターがいる。 それは「アンドロイドお雪」に登場する「サイボーグ猫ダイ」だ。 アンドロイドお雪に登場する監視するもの アンドロイドお雪 (角川文庫 緑 383-5) image ...
2019.01.19

「Digital God」(平井和正の月光魔術團にデジ神登場!)

「「狼男だよ」森優さんの解説で明らかになったこと」というタイトルで「月光魔術団」が三部構成(全36巻)になるということを紹介しました。 これは「狼男だよ」の解説で森優さんが書かれたことです。 今回のハルキ文庫「人狼地...
2019.01.18

「狼女リツコ」(ヤング犬神明登場! – 平井和正短編集「魔女の標的」より)

「狼女リツコ」は「魔女の標的」に掲載されています。 「魔女の標的」は表題作以下11編の短編小説で構成されています。 前にもふれましたが、私は平井作品の長編小説からファンになったために短編小説を読んだのはずっと後になってからでした...
2019.01.18

イデオット・プロット(真幻魔大戦:平井和正)

「イデオット・プロット」 真幻魔大戦にこのタイトルの章があります。 平井さんがどこかで意味を説明されていましたが、忘れてしまいました。 多分、ばかげた構成・うまくいかないことを言うのだと思います。 「真幻魔大戦」は 「ウル...
2019.01.18

平井和正の「メガロポリスの虎」と「月光魔術團」

平井さんの処女長編が「メガロポリスの虎」です。 平井さんはこの小説を書き上げるために大変苦労されたと何かの後書きで読みました。 サイバーパンク「メガロポリスの虎」 この作品は電脳社会を描いた平井和正最初の小説です。 スー...
2019.01.18

平井和正の変身

平井作品を見ていくと、とても同一作家が書いているとは思えない作品の変化が見て取れます。 「ウルフガイ・シリーズ」と現在の「ウルフガイ・DNA」これらを同じ作家が書いているなんて、不思議な気がします。 たとえ長年の歳月が横たわって...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました