アイルトン・セナの世界

スポンサーリンク
2020.07.24

アイルトン・セナのライバルたち①「アラン・プロスト」

Photo by Stuart Seeger  アイルトン・セナの10年のF1レース人生において、ライバルをあげるなら、アラン・プロスト、ナイジェル・マンセル、ミハエル・シューマッハだと思います。 アラン・プロストとの戦いは...
2017.06.11

アイルトン・セナ、ポールポジション65回の記録。圧倒的なポールポジション奪取率を誇るセナ。

Photo by Ben Sutherland  アイルトン・セナは10年のF1キャリアで65回ものポールポジションを奪取しています。 記録的にはミハエル・シューマッハの68回に負けますが、F1キャリアの長いシューマッハに比べる...
2020.07.24

ロータス時代のアイルトン・セナのバトル。セナ vs アラン・プロスト、セナ vs ナイジェル・マンセル。

Photo by Rodrigo Canisella Fávero  アイルトン・セナは1985年から1987年の3年間に渡ってロータスに在籍していました。 ルノーエンジンを積んだロータス97Tと98Tは予選での一発の速さがあり...
2020.07.30

1988年、日本GP(鈴鹿サーキット)で初のワールドチャンピオンを決めたアイルトン・セナ。オープニングラップ14番手から奇蹟の勝利。

Photo by Paul Lannuier アイルトン・セナが初のワールド・チャンピオンを決めたのは1988年日本GP(10月30日:鈴鹿サーキット)のことでした。(このレースで鈴木亜久里はローラからF1デビューを果たしています...
2020.08.06

1988年マクラーレンに移籍した年、アイルトン・セナはシーズン8勝を上げ念願のワールド・チャンピオンに輝く。マシンはマクラーレン・ホンダMP4/4、エンジンはホンダRA168E。セナ・プロ時代の開幕である。

Photo by Paul Lannuier 1988年アイルトン・セナはロータスからマクラーレンへ移籍します。 同年のマクラーレンはエンジンをTAGポルシェからホンダエンジンにスイッチ。栄光のチームが誕生した年となりました。 ...
2020.08.06

雨の魔術師:アイルトン・セナが初ポール、初優勝を飾る。1985年ロータス97Tで挑んだ雨のポルトガルGP。

Photo by Neil 1985年、アイルトン・セナはトールマンからロータスに移籍します。 非力なトールマンのマシンから勝てるマシンへのスイッチでした。 しかし、ロータスは1982年、第13戦オーストリアGPで勝利して以来...
2020.08.06

アイルトン・セナ:モナコGPの軌跡。セナこそが真のモナコマイスター。

Photo by Iwao 1984年のF1初参戦以来、アイルトン・セナはモナコGPで強さを発揮してきました。 そして、1989年から5連勝を成し遂げます。 きわめて難しいコースで、いかにセナといえども、この結果は何かに守られ...
2020.08.06

アイルトン・セナの才能を世界が初めて認めたレース。1984年トールマンのマシンで雨のF1モナコグランプリは2位に終わる。

Photo by PSParrot 1984年、アイルトン・セナは初めてF1を戦うことになります。 それは、順風満帆な道のりとはいえず、セナの駆るトールマンTG184(ハートエンジン)はトップ争いに加われるだけの十分な戦闘力はあ...
2020.07.30

アイルトン・セナ、カートからF1への道のり。ライバルはテリー・フラートン、マーティン・ブランドル。マシンはVAN DIEMEN RF80・RF81・RF82、RALT RT3。

Photo:"Ayrton Senna Karting" by Instituto Ayrton Senna - Licensed under CC BY 2.0 via Wikimedia Commons. アイルトン・セナは1...
2020.08.06

F1ベストシーンといえば、1992年F1モナコGP。凄まじいバトルを展開したアイルトン・セナ vs ナイジェル・マンセル。

Photo by pher38 私がF1ベストシーンを選ぶとすれば、やはり1992年F1モナコGPです。 1992年は日本でもF1人気が最も高かった時期ではないでしょうか? F1放送オープニング曲のT-SQUARE「TRU...
2020.08.06

アイルトン・セナ 序

Photo by Stuart Seeger いよいよこのブログに3人目の偶像が登場することになった。 それがアイルトン・セナだ。 このブログの柱は今まで、平井和正、デヴィッド・ボウイ、F1情報だったのですが、このF1情報...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました