平井和正「悪霊の女王」電子書籍で発売! 特別付録「新悪霊の女王」を読了しました!

平井和正の悪霊の女王2「新悪霊の女王」が特別付録として掲載された電子書籍版「悪霊の女王」が発売されました。

以前から「新悪霊の女王」が掲載されることは告知されていたので、早速購入。

初めて「悪霊の女王」の続編を読みました。

スポンサーリンク
AdSence

新悪霊の女王

悪霊の女王

悪霊の女王の第二部「新悪霊の女王」の存在は平井和正のあとがきなどで知らされていました。

「新悪霊の女王」は原稿用紙で52枚、書き進められていたのですが、平井和正の体調不良などで頓挫しています。

その後、ご子息が運営するサイト、SALTISH.COMの企画で、原稿写真がお披露目され、2003年にオークションに出品されました。

古い出来事で、私もすっかり忘れていました。

その幻の原稿がついに活字として蘇ったのです。

……

「新悪霊の女王」は、新たな登場人物、超常現象研究家「堤浩平」と「三山驚」が「新井亜古」を探すところから始まっています。

亜古を探し出そうとするところは「悪霊の女王」のオープニングとダブりますが、まったく展開が異なります。

「悪霊の女王」のエンディングにストレートな繋がりがなく、新たな物語という印象です。

それに、「新井亜古の中には亜古、アニマ、魔女存在の三人の人格が潜んでいる」という会話が堤と三山の間でなされています。

私は亜古の中にいるのはアニマだけだと思っていたので、この会話にもストーリー設定の変化を感じました。

原稿にして52枚とのことですが、続きはどうなるの〜?

というところで終わっています。

今となっては望むべくもありませんが、続きが読みたい気持ちを抑えきれませんでした。

…なので「BACHI♡GAMI」の原作でも読もうかな。

© bluelady.jp

悪霊の女王

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン