マクラーレン・ホンダの定位置となったQ3。ジェンソン・バトンは予選9番手だが、フェルナンド・アロンソはエンジンペナルティーで最後尾発進のマレーシアGP。

sepang-f1
image photo by Aapo Haapanen 

マクラーレン・ホンダは残り3トークンの内2トークンを消費してエンジンブロックとエクゾーストのアップグレードを行いました。

最終版のパワーユニットはフェルナンド・アロンソのマシンに投入されています。

そのため、アロンソは45グリッドものペナルティーを受け、最後尾スタートが確定してしまいました。

あとはキャリア300戦を迎える、ジェンソン・バトンに頑張ってもらうしかないという状況でマレーシアGPの予選は開始されました。

スポンサーリンク
AdSence

フェルナンド・アロンソは107%ルールをクリアするために出走しただけ

Q1ではアロンソは本気のアタックを行いませんでした。

タイヤ温存も考えてルールをクリアするためだけに出走したようです。

残されたのはジェンソン・バトンのマシンのみ、トラフィックもありQ1の通過もハラハラしました。

しかし、無事通過。
Q3進出の期待がかかります。

ジェンソン・バトンはQ2終了間際、渾身のアタック

ジェンソン・バトンのスピードはQ2突破のボーダーに近く、今回は危ないかと思いました。

しかし、Q2終了間際、フライング・ラップを決めて8番手でQ3に進出しています。

マクラーレン・ホンダの来期はストッフェル・バンドーンにシートを譲ることが決定しているバトンですが、このようなパフォーマンスを見せられるなら、もったいないような気持ちになります。

アロンソがいないときはバトンが頑張れる今のマクラーレン・ホンダの態勢はF1でベストだと思います。

来年もバトンの走りを見てみたいものです。

ジェンソン・バトンは予選9番手となりました。

予選結果

鈴鹿の前の一戦、マクラーレン・ホンダのポイントに期待しています。

順位 ドライバー チーム タイム
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’32.850
2 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1’33.264
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’33.420
4 ダニエル・リカルド レッドブル 1’33.467
5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’33.584
6 キミ・ライコネン フェラーリ 1’33.632
7 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’34.319
8 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1’34.489
9 ジェンソン・バトン マクラーレン 1’34.518
10 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1’34.671
11 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 1’34.577
12 ロマン・グロージャン ハース 1’35.001
13 エステバン・グティエレス ハース 1’35.097
14 ケビン・マグヌッセン ルノー 1’35.277
15 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1’35.369
16 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1’35.374
17 マーカス・エリクソン ザウバー 1’35.816
18 フェリペ・ナッセ ザウバー 1’35.949
19 ジョリオン・パーマー ルノー 1’35.999
20 エステバン・オコン マノー 1’36.451
21 パスカル・ウェーレイン マノー 1’36.587
22 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’37.155

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン