F1 2017 オーストリアGP予選:ホンダはアロンソのマシンに、またもスペック3エンジンを投入できず。


image photo by katsch1969 

ついにスペック3のエンジンが2台のマクラーレンに搭載されたと思いきや、またもトラブル発生でアロンソのエンジンはスペック2に戻すことになりました。

参照 フェルナンド・アロンソ、MGU-Hにトラブルで“スペック2”に戻す(F1-Gate.com)

やっぱりホンダはシャキッとしませんね。

今さらリスクを考える必要など無いと思うのですけど。

スポンサーリンク
AdSence

バンドーンは本当にスペック3を積んでいる?

バンドーンはスペック3エンジンを積んでいるはずなのですが、旧型エンジンを積んだフェルナンド・アロンソを上回れません。

このようなことではスペック2もスペック3も大きく変わりそうにないですね。

スペック3にあまり期待しない方がよさそうです。

スペック3を積んだバンドーンのスピードアップを期待しましたが、ダメでした。

結局、マクラーレン・ホンダはQ2どまりという結果です。

予選結果

アロンソは怒っているでしょうね。
それとも、あきれているのかな?

ハミルトンはギヤボックス交換で5グリッド降格が決まっています。

順位 ドライバー チーム タイム
1 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’04.251
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’04.293
3 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’04.424
4 キミ・ライコネン フェラーリ 1’04.779
5 ダニエル・リカルド レッドブル 1’04.896
6 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’04.983
7 ロマン・グロージャン ハースF1 1’05.480
8 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’05.605
9 エステバン・オコン フォース・インディア 1’05.674
10 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1’05.726
11 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’05.597
12 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 1’05.602
13 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ 1’05.741
14 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1’05.884
15 ケビン・マグヌッセン ハースF1
16 ジョリオン・パーマー ルノー 1’06.345
17 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1’06.534
18 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’06.608
19 マーカス・エリクソン ザウバー 1’06.857
20 パスカル・ウェーレイン ザウバー 1’07.011

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン