変わるF1③:F12017、トークン廃止でホンダ(RA617H)とルノー(R.E.17)のパワーユニットは、まるで別物。


image photo by Michael Potts 

ウイリアムズFW40、ザウバーC36、ルノーR.S.17と続々2017年型のF1マシンが公開されています。

予想通り、シャークフィンを採用していたのはC36とR.S.17でした。

FW40も背びれみたいなフィンが付いています。
これはFW38からあまり変わっていないのかもしれません。

昨年に比べるとどのマシンもリヤウイングが低く、2010年頃のマシンに近い感じになっています。

タイヤが太くなっているので2017年マシンの方がカッコいいですね。

スポンサーリンク
AdSence

トークン撤廃によってパワーユニットが変わる

2017年はトークンによる制限がないため、メルセデス、フェラーリに追いつこうとホンダ、ルノーは全く新しい設計のパワーユニットを投入することになりました。

ルノー「R.E.17」は95%が異なるパワーユニットと言われています。

また、ホンダも全く新しいコンセプト(軽量・低重心・ハイパワー)のパワーユニット「RA617H」をMCL32に搭載することになります。

……

これらのニュースは予想されたことではありましたが、現実のものとなって少し心配になりました。

ホンダF1総責任者の長谷川裕介が認めているように、大きなリスクをおかすことになるはずです。

この2つのエンジンが高度な信頼性を発揮できれば、2017年F1シーズンは面白くなるのですが、どうなるでしょう。

普通に考えると序盤はルノーもホンダも苦しいと思います。
やっぱり、今年もメルセデスが強そうですね。

トークンがなくなっても4基しか使えないパワーユニット

トークンがなくなったとはいえ、ドライバーあたり年間4基のパワーユニットしか使えないという制限があるため、どんどん新しいエンジンを投入できるわけではありません。

開幕当初にある程度の信頼性が確保されていなければ、長いシーズンを戦うのは難しいでしょう。

そう考えるとリスクをおかしてもメルセデス、フェラーリを超えることを狙ったルノー、ホンダはチャンピオンを狙うのは無理かもしれません。

ホンダにおいては2015年の繰り返しだけは避けてもらいたいと願ってます。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン