F1モナコGPではブレンドン・ハートレーが好調!


image by Artes Max 

このところ、ピエール・ガスリーとの接触・パフォーマンス比較で、ブレンドン・ハートレーに対する風当たりが強くなっています。

このままではドライバー交代もあるかもしれないという状況です。

今まで、どのセッションでもハートレーはガスリーにおよびませんでした。

しかし、モナコでは違うようです。

スポンサーリンク
AdSence

モナコではガスリーよりハートレー?

モナコGPではポジティブな発言が続いているトロロッソ・ホンダ。
車のパフォーマンスは安定してきているようです。

新しい空力パーツも投入し、今度こそトップ3に続くチームとして躍進をねらっています。

そんなチームのいい状況の中にあって、ドライバー陣も気を吐いています。

なにより今までいいところが少なかったブレンドン・ハートレーがFP1、FP2ともにガスリーより好結果を残しました。

ハートレーはホンダに好意的な発言が多いので、今後も頑張ってもらいたいです。

FP1結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1ダニエル・リカルドレッドブル1’12.12636
2マックス・フェルスタッペンレッドブル1’12.28025
3ルイス・ハミルトンメルセデス1’12.48034
4セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’13.04140
5キミ・ライコネンフェラーリ1’13.06638
6カルロス・サインツルノー1’13.45640
7バルテリ・ボッタスメルセデス1’13.50239
8セルジオ・ペレスフォース・インディア1’13.71739
9ロマン・グロージャンハース1’13.94324
10セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’13.96240
11エステバン・オコンフォース・インディア1’14.00039
12ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’14.03446
13ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’14.13438
14ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’14.24038
15ストフェル・バンドーンマクラーレン1’14.29137
16シャルル・ルクレールザウバー1’14.52139
17フェルナンド・アロンソマクラーレン1’14.63716
18ランス・ストロールウィリアムズ1’14.78243
19マーカス・エリクソンザウバー1’15.20639
20ケビン・マグヌッセンハース1’18.8017

FP2結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1ダニエル・リカルドレッドブル1’11.84133
2マックス・フェルスタッペンレッドブル1’12.03541
3セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’12.41342
4ルイス・ハミルトンメルセデス1’12.53634
5キミ・ライコネンフェラーリ1’12.54336
6バルテリ・ボッタスメルセデス1’12.64238
7ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’13.04730
8ストフェル・バンドーンマクラーレン1’13.07740
9フェルナンド・アロンソマクラーレン1’13.11542
10カルロス・サインツルノー1’13.20034
11ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’13.22247
12セルジオ・ペレスフォース・インディア1’13.37039
13エステバン・オコンフォース・インディア1’13.38247
14ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’13.41032
15セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’13.54744
16ケビン・マグヌッセンハース1’13.57241
17シャルル・ルクレールザウバー1’13.57545
18ロマン・グロージャンハース1’13.76337
19ランス・ストロールウィリアムズ1’14.01134
20マーカス・エリクソンザウバー1’14.17346

トロロッソ・ホンダはQ3をも狙えるパフォーマンスとのことですが、ここはモナコ。

チョットしたミスや、トラフィックによって順位が変わってきます。

赤旗が出るかもしれません。

予選結果はどうなるでしょうか。
ドキドキですね。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン