F1 2018 第11戦・ドイツGP決勝:ブレンドン・ハートレーが雨がらみの荒れたレースで1ポイントゲット。…でもトロロッソ・ホンダにペース無し。


image by Artes Max 

ホッケンハイムでのドイツGPの決勝は雨がらみのレースになりました。

最悪の結果に終わったのはフェラーリのベッテル。
トップを快走していたのに少しのブレーキングミスでクラッシュしてしまいました。

もっともラッキーだったのはメルセデスのルイス・ハミルトンで、14番手スタートながら優勝をものにしています。

これでイギリスGPの借りを返した結果になりました。

スポンサーリンク
AdSence

トロロッソ・ホンダにペース無し

ピエール・ガスリーは戦略的エンジン交換によって、最後尾からのスタート。
ハートレーも16番手からのスタートとなった、トロロッソ・ホンダ。

オープニングラップで順位を上げたはずのガスリーも気づけばしんがりを走っていました。

競争力は全く感じられません。

……

終盤の雨によってガスリーはウエットタイヤを選択し、ギャンプルに出ます。
それが失敗となって、15台中14位となってしまいました。

一方、ブレンドン・ハートレーはベッテルのクラッシュによるセイフティカーでポイント券内へ上昇。ウルトラソフトでしぶとく走り続け、11位フィニッシュしました。
10位のサインツがタイム加算ペナルティーを受けたことで1ポイントを獲得しています。

ハートレーがポイント券内を走っていてもハースやルノーのマシンを全く抑えられなかったことは嘆かわしいです。

ハートレーがポイントを獲得したのは第4戦アゼルバイジャンGP以来。
そのレースもボッタスとレッドブルの2台が(同士討ちで)リタイアした荒れたレースでした。

トロロッソ・ホンダのポイント獲得はうれしいのですが、満足感に乏しいポイントとなってしまいました。

F1なのだから速さでスカッとポイントを取ってきてほしいものです。

トロロッソ・ホンダの戦略的エンジン交換に疑問

ピエール・ガスリーのエンジン交換も疑問でした。

ハートレーも前戦でパワーユニットを交換しています。

これでスペック2のエンジンには余裕が生まれたわけですが、パフォーマンスの劣るエンジンがたくさんあってもしようがないのでは?

いつまでもスペック2を使わずスペック3を投入してもらいたいものです。

最近のトロロッソ・ホンダのレースはストレスたまります。

結果

F1 2018 第11戦 ドイツGP
ホッケンハイムリンク – 全67周(2018.7.22)

中低速コーナーを組み合わせたパワー依存型のサーキット。(最近のF1はエンジンに依存するサーキットが多すぎる気がします。…かといって超高速ともいえない中途半端な感じ)

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 25
2 バルテリ・ボッタス メルセデス 18
3 キミ・ライコネン フェラーリ 15
4 マックス・フェルスタッペン レッドブル 12
5 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 10
6 ロマン・グロージャン ハース 8
7 セルジオ・ペレス フォース・インディア 6
8 エステバン・オコン フォース・インディア 4
9 マーカス・エリクソン ザウバー 2
10 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1
11 ケビン・マグヌッセン ハース
12 カルロス・サインツ ルノー
13 ストフェル・バンドーン マクラーレン
14 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ
15 シャルル・ルクレール ザウバー
r(65) フェルナンド・アロンソ マクラーレン
r(53) ランス・ストロール ウィリアムズ
r(51) セバスチャン・ベッテル フェラーリ
r(51) セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ
r(27) ダニエル・リカルド レッドブル

ハミルトンはピットエントリーとコースの白線を横切ったにも関わらず、ペナルティーはありませんでした。
この裁定については疑問です。判断基準が曖昧な気がします。

ダニエル・リカルドはエンジン交換したにも関わらず、トラブル。
やっぱりルノーエンジンもよくありません。
それにしてはワークスルノーは頑張ってます。
エンジンスペックが異なるのでは?

ベッテルは母国で残念でした。
ベッテルでもミスしてしまうんですね。
これでポイントリーダーがまたまた入れ替わってしまいました。

ドライバーズ・ランキング

順位 ドライバー(チーム:No) ポイント
1 ルイス・ハミルトン(メルセデス:44) 188
2 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5) 171
3 キミ・ライコネン(フェラーリ:7) 131
4 バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ:77) 122
5 ダニエル・リカルド(レッドブル:3) 106
6 マックス・フェルスタッペン(レッドブル:33) 105
7 ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー:27) 52
8 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン:14) 40
9 ケビン・マグヌッセン(ハース:20) 39
10 セルジオ・ペレス(フォース・インディア:11) 30
11 エステバン・オコン(フォース・インディア:31) 29
12 カルロス・サインツ(ルノー:55) 28
13 ロマン・グロージャン(ハース:8) 20
14 ピエール・ガスリー(トロロッソ:10) 18
15 シャルル・ルクレール(ザウバー:16) 13
16 ストフェル・バンドーン(マクラーレン:2) 8
17 マーカス・エリクソン(ザウバー:9) 5
18 ランス・ストロール(ウイリアムズ:18) 4
19 ブレンドン・ハートレー(トロロッソ:28) 2
セルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ:35) [14]

コンストラクターズ・ランキング

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 310
2 フェラーリ 302
3 レッドブル 211
4 ルノー 80
5 フォース・インディア 59
6 ハース 59
7 マクラーレン 48
8 トロロッソ・ホンダ 20
9 ザウバー 18
10 ウィリアムズ 4

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン