F1 2018 第13戦・ベルギーGP予選:トロロッソ・ホンダはスパ・ウェザーで思いがけないグリッドを獲得!


image by Jen_ross83 

スパは超高速サーキットの一つ。

各マシンはラ・スルスからレ・コームまでの高速区間を300km近いスピードで駆け抜けます。

絶対的なスピードを求められるサーキットのため、パワーの劣るホンダエンジンには戦うのが難しいサーキットです。

しかし、スパのもう一つの名物「スパ・ウェザー(変わりやすい天候)」によって思ってもみないグリッドを獲得しました。

F1 2018 第13戦 ベルギーGP FP3結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’42.661 13
2 キミ・ライコネン フェラーリ 1’42.724 15
3 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’42.798 10
4 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’43.464 13
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’44.048 11
6 ダニエル・リカルド レッドブル 1’44.479 13
7 シャルル・ルクレール ザウバー 1’44.963 12
8 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’45.341 18
9 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’45.464 17
10 エステバン・オコン フォース・インディア 1’45.485 13
11 マーカス・エリクソン ザウバー 1’45.536 11
12 ロマン・グロージャン ハース 1’45.814 12
13 カルロス・サインツ ルノー 1’45.925 13
14 ケビン・マグヌッセン ハース 1’46.087 12
15 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’46.182 16
16 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’46.259 17
17 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’46.502 10
18 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’46.630 11
19 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’46.942 16
20 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’47.061 14

FP1、FP2の結果は以下。

image by ph-stop  F1後半戦がスタートしました。 この夏休みはダニエル・リカルドのルノー移籍、フェ...
スポンサーリンク
AdSence

トロロッソ・ホンダよりレーシング・ポイント・フォース・インディアが驚き

実はトロロッソ・ホンダのパフォーマンスより、レーシング・ポイント・フォース・インディアの予選結果の方が驚きでした。

F1継続が危ぶまれたチームが3番手4番手です。

Q3終盤、雨が降ったことも影響しましたが、ハミルトン、ベッテルに続く好成績となっています。

……

そして、トロロッソ・ホンダも11番手、12番手で良い位置につけました。

うれしいのはガスリーとハートレーが同じようなタイムだったことです。

前半戦に不運が重なったハートレーが後半戦で挽回してくれることを祈ります。
そうしないと、2019年のトロロッソ・ホンダのドライバーがどうなるのか不安です。

予選結果

バルテリ・ボッタス、ニコ・ヒュルケンベルグはエンジンペナルティで降格が決まっています。

バンドーンはどうしたんでしょうね。
地元グランプリなのに、悲しい結果です。

順位 ドライバー チーム 最終タイム
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’58.179
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’58.905
3 エステバン・オコン フォース・インディア 2’01.851
4 セルジオ・ペレス フォース・インディア 2’01.894
5 ロマン・グロージャン ハースF1 2’02.122
6 キミ・ライコネン フェラーリ 2’02.671
7 マックス・フェルスタッペン レッドブル 2’02.769
8 ダニエル・リカルド レッドブル 2’02.939
9 ケビン・マグヌッセン ハースF1 2’04.933
10 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’42.191(Q1)
11 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’43.844
12 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’43.865
13 シャルル・ルクレール ザウバー 1’44.062
14 マーカス・エリクソン ザウバー 1’44.301
15 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’44.145(Q1)
16 カルロス・サインツ ルノー 1’44.489
17 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’44.917
18 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’44.998
19 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’45.134
20 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’45.307

昨年の結果はこちら

マクラーレン・ホンダはスペック3.5と3.6を投入し、信頼性に苦しんでいました。
アロンソが11番手、バンドーンが15番手という、ホンダエンジンではまずまずの結果を残しています。

image photo by Gavin  パワーサーキットのスパ・フランコルシャンでホンダのスペック3.5と3.6エンジ...

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン