F1 2018 第16戦・ロシアGP予選:ホンダF1、スペック3エンジンの使用を断念。トロロッソ・ホンダの2019年ドライバーにダニール・クビアト。


image by Joe McGowan 

ロシアGPの土曜日、ついに2019年トロロッソ・ホンダのドライバーにダニール・クビアトが発表されました。

これは噂通りでした。

クビアトはデビューシーズンによいパフォーマンスを見せ、才能があることは分かっていたのですが、何故か昨年精神的に(?)破綻してしまいました。

レッドブルからトロロッソへ降格させられたのがショックだったのでしょう。

今年はフェラーリの開発ドライバーになっていたクビアトがトロロッソに戻ってこられて良かったですね。

もう一つFP3で分かったのはホンダはトロロッソSTR13のエンジンはスペック2に戻したということです。

これは残念です。

キャリブレーションやマシンへのマッチングが必要との発表です。

これは実際にどういうことなのか分かりにくいです。
万全を期するためには時間が足りなかったということなのでしょうか?

F1 2018 第16戦 ロシアGP FP3結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1ルイス・ハミルトンメルセデス1’33.06713
2バルテリ・ボッタスメルセデス1’33.32116
3セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’33.66714
4キミ・ライコネンフェラーリ1’33.68811
5マックス・フェルスタッペンレッドブル1’33.93711
6ダニエル・リカルドレッドブル1’34.39414
7シャルル・ルクレールザウバー1’34.62815
8エステバン・オコンフォース・インディア1’34.80916
9ケビン・マグヌッセンハース1’34.82015
10セルジオ・ペレスフォース・インディア1’34.91614
11カルロス・サインツルノー1’34.98813
12ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’35.12521
13ロマン・グロージャンハース1’35.18518
14ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’35.21312
15マーカス・エリクソンザウバー1’35.37016
16ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’36.03322
17セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’36.07116
18ランス・ストロールウィリアムズ1’36.27420
19ストフェル・バンドーンマクラーレン1’36.59714
20フェルナンド・アロンソマクラーレン1’36.99221

FP1、FP2の結果は以下。

image by Jen_ross83  ついにホンダF1のスペック3パワーユニットが投入されました。 FP1では調...
スポンサーリンク
AdSence

スペック2エンジンを戻したトロロッソ・ホンダ

トロロッソ・ホンダはスペック2で予選を戦っています。

ピエール・ガスリーはQ2に進出。
しかし、トロロッソ・ホンダはスペック3をフリープラクティスで投入したためグリッドペナルティーを受けることが決まっています。

そのため、ガスリーはQ2でアタックしませんでした。

レッドブル勢も同様にルノーエンジンを前のバージョンに戻したのでQ2をアタックしていません。

ルノーもアタックせず、Q2は面白くないものになっています。

……

次の鈴鹿でホンダはスペック3の真価を見せてくれるでしょう。

予選結果

順位ドライバーチーム最終タイム
1バルテリ・ボッタスメルセデス1’31.387
2ルイス・ハミルトンメルセデス1’31.532
3セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’31.943
4キミ・ライコネンフェラーリ1’32.237
5ケビン・マグヌッセンハースF11’33.181
6エステバン・オコンフォース・インディア1’33.413
7シャルル・ルクレールザウバー1’33.419
8セルジオ・ペレスフォース・インディア1’33.563
9ロマン・グロージャンハースF11’33.704
10マーカス・エリクソンザウバー1’35.196
11マックス・フェルスタッペンレッドブル1’33.048(Q1)
12ダニエル・リカルドレッドブル1’33.247(Q1)
13ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’34.383(Q1)
14カルロス・サインツルノー1’34.626(Q1)
15ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’34.655(Q1)
16ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’35.037
17フェルナンド・アロンソマクラーレン1’35.612
18セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’35.612
19ストフェル・バンドーンマクラーレン1’35.977
20ランス・ストロールウィリアムズ1’36.437

ソチは毎年決勝レースでメルセデスが強いです。
ベッテルに逆転のチャンスはないかもしれません。

昨年の結果はこちら

昨年のロシアGPは4月でした。

序盤のホンダエンジンは信頼性が上がらず、ボロボロでした。

トップタイムはフェラーリ、セバスチャン・ベッテルの1分33秒194でした。

image by Ben Sutherland  今年はやっぱりフェラーリです。 フロントローはフェラーリのベッテルとライコ...

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン