トロロッソ・ホンダの新エンジンは、もはや何だか分からない。


image by Presidencia de la República Mexicana

2018年F1は残り3戦になりました。

ホンダはロシアGPで「スペック3」とちまたで呼ばれているエンジンを投入して以来、なんだか落ち着きがありません。

エンジン交換が多すぎです。

今回のメキシコGPではスペック2エンジンを使うようです。

スポンサーリンク
AdSence

ピエール・ガスリー、エンジンペナルティー

トロロッソは新しい空力を持ち込んでいます。

そのため、ブレンドン・ハートレーはフリープラクティスで絶好調です。
FP2では6番手に食い込む好成績を残しました。

しかし、エンジンは旧スペックを載せての結果です。

これが新スペックのエンジンならば、手放しで喜べたのですが…

……

US GPでは新スペックエンジンを投入していたにも関わらず、ここで元に戻すとは思ってもみませんでした。

ピエール・ガスリーはエンジン交換でFP1をふいにしてしまいました。

高地のエルマノス・ロドリゲス・サーキットはエンジンに特殊な対応が必要のようですが、なんとかスペック3で乗り越えてもらいたかったです。

評判は上々でルノーを超えたことは確実と言われる新エンジンは、未だにまともな結果が残せていません。

速いのか遅いのか、あるいは信頼性に問題があるのか、まったく分かりません。
データだけでなく結果で見せてくれないと困ります。

残り2戦の結果で新エンジンの成果はハッキリとするでしょうか?

F1 2018 第19戦 メキシコGP FP1結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1マックス・フェルスタッペンレッドブル1’16.65619
2ダニエル・リカルドレッドブル1’17.13919
3カルロス・サインツルノー1’17.92620
4ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’18.02820
5ルイス・ハミルトンメルセデス1’18.07523
6バルテリ・ボッタスメルセデス1’18.32227
7セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’18.7468
8キミ・ライコネンフェラーリ1’18.93610
9ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’19.02429
10ニコラス・ラティフィフォース・インディア1’19.07823
11セルジオ・ペレスフォース・インディア1’19.12429
12アントニオ・ジョビナッツィザウバー1’19.13425
13ロマン・グロージャンハース1’19.27626
14マーカス・エリクソンザウバー1’19.31228
15ランド・ノリスマクラーレン1’19.64623
16ストフェル・バンドーンマクラーレン1’19.71629
17ケビン・マグヌッセンハース1’19.85328
18セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’19.89930
19ランス・ストロールウィリアムズ1’20.14226
20ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ2

F1 2018 第19戦 メキシコGP FP2結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1マックス・フェルスタッペンレッドブル1’16.72021
2ダニエル・リカルドレッドブル1’16.87332
3カルロス・サインツルノー1’17.95335
4セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’17.95442
5ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’18.04636
6ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’18.06135
7ルイス・ハミルトンメルセデス1’18.10040
8キミ・ライコネンフェラーリ1’18.13342
9バルテリ・ボッタスメルセデス1’18.14040
10セルジオ・ペレスフォース・インディア1’18.16724
11エステバン・オコンフォース・インディア1’18.48524
12ロマン・グロージャンハース1’18.73339
13シャルル・ルクレールザウバー1’19.02439
14ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’19.04736
15ストフェル・バンドーンマクラーレン1’19.09630
16ランス・ストロールウィリアムズ1’19.21925
17マーカス・エリクソンザウバー1’19.32241
18セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’19.33537
19フェルナンド・アロンソマクラーレン1’19.54331
20ケビン・マグヌッセンハース1’19.67035

マクラーレン以外のルノー勢が好調ですね。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン