消滅「マクラーレンMP4」シリーズ①:マクラーレンのF1マシン名が「MP4」から「MCL」になって思い出す「MP4」「MP4/2」「MP4/3」


image photo by Nic Redhead 

ロン・デニスがマクラーレン・グループのCEOを解任されてしまったことで、マクラーレンのF1マシン名が変わりました。

2017年新車は「MCL32」と呼ばれることになります。

もともとマルボロの支援を受けたロン・デニスがマクラーレンF1チームの実権を握り、以降のマシン名は「MP4」(マールボロ+プロジェクト4)を冠していました。
※プロジェクト4はロン・デニスのF2チーム名

「MP4」の30年以上の歴史は、ついに終わることになったのです。

アイルトン・セナの歴史とも共にあったマシンでした。

image photo by CANNIK  アイルトンセナは1988年・1990年・1991年の3度、世界チャンピオンとなってい...

……

私がF1を知った時にはすでに「MP4」でしたので、「MCL」は間抜けな感じで違和感があります。

どうせなら「MH32」(マクラーレン+ホンダ)にして欲しかったです。

カラーリングも伝統のオレンジを使うのではないかと言われています。

2月24日の新車発表が待ち遠しいです。

…ということで、しばらくの間「MP4」シリーズのマシンをピックアップして行きます。

スポンサーリンク
AdSence

MP4(1981〜1983)


image photo by Louis Rix 

最初のマシン「MP4」は1981年の第3戦アルゼンチンGPで登場しました。
ドライバーはジョン・ワトソンとアンドレア・デ・チェザリスで、2戦までのマシンは「M29F」でした。

「MP4」は3年間使用され、途中から「MP4/1」と名前を変えています。

1982年の第2戦ブラジルGPで「MP4B」が登場しました。
この年からチェザリスに変わってニキ・ラウダがドライブしています。

1983年の第1戦ブラジルGPでは「MP4/1C」にアップグレードされています。
その年の第13戦イタリアGPで「MP4/1E」となっています。

「MP4/1E」は「TAGポルシェ」ターボエンジンを搭載したマシンです。

MP4/2(1984〜1986)


image photo by Bill Abbott 

「MP4/2」は1984年第1戦ブラジルGPから投入されました。
この年からマクラーレンのドライバーはアラン・プロストとニキ・ラウダのコンビになっています。

1984年はドライバーズ・チャンピオンをニキ・ラウダがとっており、プロストは0.5ポイント差で2位になっています。

当然コンストラクターズポイントでもマクラーレン・TAGポルシェが1位です。

「MP4/2」は「MP4」シリーズ初のチャンピオンカーとなりました。

1985年からは「MP4/2B」にアップグレードされ、アラン・プロストがドライバーズ・チャンピオンを獲得し、マクラーレン・TAGポルシェは2年連続でコンストラクターズ・チャンピオンとなっています。

1986年は「MP4/2C」となりました。
この年もアラン・プロストがドライバーズ・チャンピオンになっていますが、コンストラクターズ・チャンピオンはウイリアムズ・ホンダに奪われています。

MP4/3(1987)

McLaren MP4-3
作者 John Chapman (Pyrope) (投稿者自身による作品) [GFDL または CC BY-SA 3.0], ウィキメディア・コモンズ経由で

1987年からは「MP4/3」が登場します。

マクラーレンのドライバーはアラン・プロストとステファン・ヨハンソンとなりました。

「MP4-3」は強力なホンダエンジンに対抗できず、TAGポルシェエンジンはこの年で最後となっています。

まとめ

このページは「MP4/3」までをまとめました。

今では1年に一つずつ足される型番ですが、初期はマイナーチェンジでB・C・Eと進み3年もの間、同じマシン名が使われていました。

マクラーレンMP4シリーズの最初の名車は「MP4/2」です。TAGポルシェエンジンを搭載し、ニキ・ラウダ、アラン・プロストと3年連続のドライバーズ・チャンピオンを生みました。

© bluelady.jp

image photo by Nic Redhead  いよいよ1988年からセナ・プロ時代が幕をあけます。 強力なターボエ...
スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン