消滅「マクラーレンMP4」シリーズ②:マクラーレン・ホンダの黄金期「MP4/4」「MP4/5」「MP4/6」


image photo by Nic Redhead 

いよいよ1988年からセナ・プロ時代が幕をあけます。

強力なターボエンジン、ホンダRA168Eを搭載した「MP4/4」は他を圧倒し、チームメイト同士の戦いがF1人気を支えることになりました。

今のメルセデス、一強時代と似た雰囲気だったのです。

ただ、セナ、プロストというタイプの違った天才の戦いはメルセデスのチーム内バトルより、もっと先鋭的で魅力のあるものだったことは確かです。

それ故、セナ・プロ時代として歴史に刻まれることになりました。

スポンサーリンク
AdSence

MP4/4(1988)


image photo by David Merrett 

マクラーレンの最大の名車がこのMP4/4です。

16戦中15勝をあげ、ポールポジションも15回と、他のチームは太刀打ち出来ませんでした。
ホンダのターボエンジンRA168Eは何者も寄せ付けないパフォーマンスを発揮したのです。

スタイルはブラバムのデザインを引き継いだ楔形をしていて、ぺったんこなフォルムが印象的です。
主任設計者はゴードン・マーレイで、ブラバムBT55BMWからの設計思想を、このMP4/4で結実させました。
ひっくり返ったら危なそうなロールバーが特徴です。

MP4/5(1989・1990)


image photo by Iwao 

MP4/5は自然吸気エンジンRA109Eを搭載したマシンです。
デザインはMP4/4を引き継いでいますが、インダクションポッド(吸気口)があるためか、車高が高く見えます。

ホンダエンジンは自然吸気でも強さを見せつけ、16戦中10勝をあげ、アラン・プロストがチャンピオンを獲得しています。

……

1990年型がMP4/5Bです。

エンジンは改良型のRA100Eを搭載しました。

プロストがフェラーリへ移籍し、ゲルハルト・ベルガーとセナのドライバーラインナップとなっています。

この年、セナが6勝を上げチャンピオンを獲得し、コンストラクターズでも1位となっています。
しかし、プロスト・マンセル、コンビのフェラーリ641とは実力が拮抗していました。

MP4/6(1991・1992)


image photo by Takayuki Suzuki 

MP4/6は1991年のマシンで、1992年の開幕から2戦で改良型MP4/6Bが使われました。

MP4/6はV12エンジン、ホンダRA121Eが搭載されています。
甲高いV12サウンドはこの年からになります。
V12エンジンを積んだためか、サイドポンツーンが大きく高くなっているのが特徴です。

1991年のアイルトン・セナは開幕から4連勝を上げ、2年連続のチャンピオンとなっています。

しかし、エイドリアン・ニューウェイが設計したウィリアムズ・ルノーFW14の登場によって、エンジンだけでは勝てない未来が、そこまで来ていたのでした。

まとめ

「MP4/4」「MP4/5」「MP4/6」はマクラーレン・ホンダの存在を確かなものとしました。天才アイルトン・セナもその立役者であると言えます。

これらのマシンはまさにマクラーレン・ホンダの黄金時代を担ったのでした。

この後、ウイリアムズのハイテクマシンによってF1の勢力図は大きく変わることになるのでした。

© bluelady.jp

image photo by Nic Redhead  ロン・デニスがマクラーレン・グループのCEOを解任されてしまったことで、マ...
image photo by pher38  1991年に実戦投入されたウイリアムズのマシンFW14は1992年にリアクティブ・サ...
スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. koic より:

    私はこの頃のフェラーリ(640~F93A)が好きですけど、この頃の車体はシンプルかつスマートなので好きですね♪

    「バットマンディフューザー」はMP4/5Bでしたっけ? デカールが上手に貼れたためしがないのでプラモデルは買いませんが、「バットマンディフューザー」がしっかりと再現されたミニチュアカーがあったら欲しいです(^^;

    • Lin より:

      koic さん、ありがとうございます。

      「バットマンディフューザー」はMP4/5Bですね。
      空力的にはデメリットも多かったみたいです。
      車高の変化に影響されることがおおかったとか。

      マルボロ・カラーはハイノーズになると印象が悪くなりました。
      やっぱり、ぺったんこのマシンの方がシャープな印象がつよいです。