消滅「マクラーレンMP4」シリーズ④:メルセデス・エンジンを搭載するもマクラーレンの低迷は続く。マルボロカラーの終焉「MP4/10」「MP4/11」


image photo by Moments of Yesterday 

セナが去った後、マクラーレンを支えるドライバーはミカ・ハッキネンとなります。

しかし、ハッキネンは、まだまだ下積みの段階で大きな花を咲かせるまでには時間が必要でした。

ハッキネンはロータス時代から評価が高く、注目していたドライバーだったのですが、アイルトン・セナが突如F1界から去ってしまったショックはなかなか癒やされませんでした。

スポンサーリンク
AdSence

MP4/10(1995)


image photo by Dima Moroz 

前年のプジョーエンジンで懲りたのか、マクラーレンの1995年はメルセデス・エンジンにスイッチします。

ここから今のメルセデスへ通じるかと思うと感慨深いエンジン変更でした。

しかし、エンジンが定着せず、マシンの開発も思うに任せない低迷は深まっていきます。

1995年はナイジェル・マンセルが第3戦サンマリノGPと第4戦スペインGPに参戦しています。
しかし、完走したのはサンマリノGPのみでした。(10位完走)

サーキットによっては、この写真のようにセンターウイングを使用しましたが、あまりにもカッコ悪い最悪のマシンだと思います。

完走率も低く、プジョーエンジンの時よりも印象が悪いです。

「MP4/10」は「MP4/10B」「MP4/10C」とアップグレードされましたが、少しも良くなりませんでした。

マンセルの代わりにマーク・ブランデル、病気欠場したハッキネンの代わりにヤン・マグヌッセンが参戦し、ドライバーも安定しませんでした。

結局この年も前年に続き勝利することが出来ませんでした。

MP4/11(1996)


image photo by Dima Moroz 

1996年は、ベネトンで2年連続のチャンピオンとなったミハエル・シューマッハがフェラーリに移籍し参戦した年です。

再びウイリアムズ・ルノーが力を取り戻し、チームメイトのデーモン・ヒルとジャック・ビルヌーブが戦うF1シーズンとなりました。

マクラーレンのドライバーは、この年からミカ・ハッキネンとデヴィッド・クルサードのラインナップになっています。

マクラーレンのマシン「MP4/11」は相変わらず、ぱっとせず、「MP4/10」から採用された本格的なハイノーズも見かけ倒しとなりました。

この年も勝利数は0です。

マルボロ・カラー最後のマシン:MP4/11B

第10戦イギリスGPからはBスペックのマシンが登場します。

「MP4/11B」は勝利こそ無かったものの後半戦を盛り上げ、ミカ・ハッキネンが4度表彰台に上がっています。

このマシンで、マルボロ・カラーは最後になってしまいました。

「MP4/9」以降、勝利をあげられないマシンが続き、ハイノーズのマシンにマルボロ・カラーは似合わない印象が強く残っています。

© bluelady.jp

image photo by pher38  1991年に実戦投入されたウイリアムズのマシンFW14は1992年にリアクティブ・サ...
image photo by Nic Redhead  マクラーレンは赤と白のマールボロ・カラーがトレードマークだったのですが、1...
スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン