消滅「マクラーレンMP4」シリーズ⑥:ミハエル・シューマッハの連覇が始まる2000年以降のマシン「MP4-15」「MP4-16」「MP4-17」


image photo by United Autosports MP4-16

2000年以降のマクラーレンは引き続きエイドリアン・ニューウェイのマシンを使っています。

1998年1999年のミカ・ハッキネンの連覇によって、アイルトン・セナ以来のチャンピオンを送り出したマクラーレンは完全復活を遂げたかに見えました。

しかし、F1の歴史はミハエル・シューマッハの時代へと移っていくのでした。

スポンサーリンク
AdSence

MP4-15(2000)


photo by Ben Sutherland 

「MP4-15」はエイドリアン・ニューウェイが設計した「MP4-14」に改良を加えたマシンです。

銀黒カラーとなってからは外見の変化が目立たない印象で、マシン的にはあまり目を引きませんでした。

しかし、2000年のF1レースはF1史に残るオーバーテイクシーンを生み出しました。

その舞台は第13戦ベルギーGP。

ハッキネンは周回遅れを処理するためにスピードの鈍ったシューマッハを周回遅れのマシンごとぶち抜いて見せたのです。

すこし地味な感じのミカ・ハッキネンがその時ほど輝いて見えたことはありません。

そして、そのシーンは今でも鮮明に思い出すことが出来ます。
私はこの時のオーバーテイクをF1のベストシーンの一つだと思っています。

……

この年もシューマッハ vs ハッキネンのチャンピオン争いは熾烈を極めました。

シューマッハに開幕ダッシュを許したハッキネンは粘り、五分の戦いを見せています。

この年の優勝はフェラーリ勢(シューマッハとバリチェロ)10勝、マクラーレン勢(ハッキネンとクルサード)7勝で、フェラーリかマクラーレンしか勝たないという結果となりました。

9勝を上げたシューマッハはベネトン以来の3度目のチャンピオンとなったのでした。

MP4-16(2001)


photo by United Autosports 

「MP4-16」はエイドリアン・ニューウェイが新たに設計したマシンです。

「MP4-15」と比べるとよりノーズが高くなっていることが目立ちました。

2000年ごろのF1マシンには現在のような高い信頼性はなく、どのチームを見てもマシントラブルが多く見られました。

「MP4-16」もトラブルが多く、ハッキネンにいたっては17戦中8回ものリタイア(第5戦スペインGPは最終ラップのトラブルで9位完走扱い)を喫しています。

結果、フェラーリに独走を許し、完全にミハエル・シューマッハの時代に移行してしまったのです。

モチベーションを失ったハッキネンは翌年の休養を決め、その後F1レースに戻ってくることはありませんでした。

MP4-17(2002)


photo by Dima Moroz 

2002年はミカ・ハッキネンの代わりにキミ・ライコネンがマクラーレンに加わり、デヴィッド・クルサードとタッグを組みます。

この年のF1はフェラーリのシューマッハが強すぎて、全く面白くなくなりました。
シューマッハは17戦中11勝を上げて、ぶっちぎりで5度目のチャンピオンとなっています。

「MP4-17」も対抗出来ず、クルサードが上げた1勝に留まりました。

……

マクラーレンは「MP4-17」の改良型「MP4-17D」を2003年にも投入しました。

2003年のライコネンは堅実な走りを見せ、初優勝(第2戦マレーシアGP)1回を含む10回の表彰台にあがっています。

ミハエル・シューマッハと堂々としたチャンピオン争いを繰り広げ、実力を世界にしめしたのでした。

まとめ

2000年以降の5年間はミハエル・シューマッハの時代です。

ハッキネンとの戦いが見所だったF1も面白さを失っていきました。

マクラーレンのマシンに、もう少し信頼性があればF1の歴史は違っていたかもしれません。

© bluelady.jp

image photo by Nic Redhead  マクラーレンは赤と白のマールボロ・カラーがトレードマークだったのですが、1...
スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン