平井作品との出会い

私の平井作品との出会いを思い出してみました。

スポンサーリンク
AdSence

平井作品との最初の遭遇

平井作品との最初の出会いは少年マガジン連載中の8マンでした。ごく幼少期の私は、兄のもつマンガ本の字も読めませんでしたが、マンガはありがたいものでしっかりと8マンのかっこよさは目に焼き付いています。東京タワーを舞台に超音速バトルを繰り広げるシーンと思いますが、記憶がおぼろなので本当にそんなシーンがあったかどうかは、定かではありません。
この頃は平井和正という名を知る由もありません。

テレビマンガ8マンの時代

まだモノクロ映像のアニメーション8マンは有名ですが、原作者の名前は以外と知られていません。
8マンのテーマを唄いながら、毎週楽しみに、見ていました。強化タバコがほしくて、タバコを吸うと強くなるんだと思いこんでいた時期です。8マンがデーモン博士のミサイルに追われるシーンを覚えています。結果どうなったかは忘れてしまいました。

このときもまだ原作者の名前は知りません。

サイボーグブルース(中学時代)

角川文庫刊の「サイボーグブルース」を目にしたのは中学の頃でした。兄に読むことを勧められたのですが、当時私は、無類のマンガ好きで小説には目もくれませんでした。当然、作者などまったく無関心でした。

ウルフガイとの出会い(高校時代)

坂口 尚のハードカバー本を読みふけった次期です。この頃もまだ平井和正の名前を意識していませんでした。坂口 尚の描く青鹿先生は非常にグラマラスで色っぽかったように記憶しています。この本は今では紛失してしまいました。大変残念です。

平井和正作品との真の出会い(浪人時代)

大学浪人中の時期です。最初に読んだ平井作品は「狼男だよ」。はまりました。授業中も読んでました。勉強など忘れてしまうくらいでした。ブルSSSに乗って登場した「犬神 明」に心酔しきってしまいました。それまでの人生でもっとも至福の数時間を「犬神 明」とともに過ごしたのでした。

ここからがはじまりです。


以下の記事もご覧下さい。

平井和正作品の晩年は原点回帰とキャラクターへの愛情で構成されていたと考えています。 そう考えるようになったのは、このブログの「平井和正の世...

© bluelady.jp


関連カテゴリー平井和正の書籍

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン