平井和正全集の思い出

今でも平井和正全集を手にとって、続きが出ないかなと思うことがあります。
熱望する本です。

リム出版刊の全集は未発表作品の小冊子が附属していました。
とても魅力のある企画だったのですが…

スポンサーリンク
AdSence

平井和正全集の思い出

1991年から1992年にかけてリム出版から全100巻の予定で「平井和正全集」が刊行された。
当時私は小田急・百合ヶ丘に住んでおり、駅近くの大塚書店で第一回刊行本の「ゾンビーハンター」を手に取った。

しかし、なぜかこの本を買わなかったのである。理由は忘れてしまいました。
後に「幻魔大戦」が全集で刊行されはじめた頃、全集を揃えることを決めたときには、第一回刊行の「ゾンビーハンター」は版元絶版状態でした。
この結果を発注した大塚書店から聞いたときには、本当に後悔した。あのとき買っていれば。

しかし、あきらめきれなかった私は、大きな本屋にはあるのではと在庫確認の電話を書店にいれたのです。
すると、新宿紀伊国屋に「ゾンビーハンター」があった。

毎月刊行されていた「平井和正全集」。実は私が購入しはじめてすぐ、版元倒産のため中断されてしまったのです。

なんと言うことでしょう。ハードカバー本に未発表作品の付録の付いた、ファンにはたまらない仕様の全集だったのです。
これは続けて欲しかった。

未発表作品収録

全集には

  • 単行本未収録作品
    「アンドロイド」
  • 未発表ハードボイルド作品
    「夜に憑かれて」
  • 「メガロポリスの虎」原型未発表作品
    「悪夢を作る男」

とすばらしい作品が続々と添付された。

あのまま平井和正全集が続けばもっといろいろな未発表作品が公開されたかもしれません。

いまでも手に取る「平井和正全集」。
時間の経過に変色することもなく、本当に愛蔵本となっています。

またどこかの出版社でこの企画をやってくれないだろうか?
切望してやまないこの頃です。

[1999.10.12]


追記

リム出版刊の平井和正全集刊行予定表が手元にあったので、掲載しておきます。

「平井和正」カテゴリーも200回を迎えました。 100回区切りにちなんで、以前100巻予定だった平井和正全集の刊行予定表を掲載して...

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン