DVD エイトマン(平井和正原作)

エイトマンがDVDで復活していることは「ムーンライトキャンパス」で知っていました。
今も続刊がどんどん発売されている模様ですね。
もう10巻も発売されています。各巻4話構成ですから、40話までということですね。
いったいTV版エイトマンは何話までだったのでしょうか?
エイトマンはモノクロでしたよね。違いましたっけ?
う~んDVD仕様のiMacが欲しい。

スポンサーリンク
AdSence

DVDタイトルとコミックタイトルの比較

今までのDVDタイトルとコミックタイトルを比較してみました。
左がDVD右がコミックです。(同じタイトルのものもあります)

●「エイトマン登場」
●「殺し屋ゲーレン」●「怪人ゲーレン」
●「サタンの兄弟」●「サタンの兄弟」
●「死刑台B3」
●「暗黒カプセル」
●「黄金ギャング」
●「消音ジェット機」
●「超小型ミサイル」
●「光線銃レーザー」●「光線兵器レーザー」
●「ロボット007」●「怪力ロボット007」
●「まぼろしの暗殺者」
●「海底のウラン」
●「人間パンチカード」
●「スーパーパイロット」
●「黒い幽霊」
●「怪盗黄金虫」
●「超音波ドクター」
●「台風団爵」
●「ゲーレンの逆襲」
●「スパイ指令100号」
●「ロボットタイガー」
●「ゼロへの挑戦」
●「ナポレオン13世」
●「サラマンダー作戦」
●「超人サイバー」●「超人サイバー」
●「地球ゼロアワー」
●「大怪物イーラ」
●「バクテリア作戦」
●「人間ミサイル」●「人間ミサイル」
●「サイボーグ人間C1号」
●「幽霊ハイウェイ」●「幽霊ハイウエイ」
●「太陽衛星サンダー」
●「人工生命ヴァルカン」
●「決闘」●「決闘」
●「冷凍光線」
●「バイラス13号」
●「悪夢の7日間」
●「怪人ゴースト」●「復讐鬼ゴースト」
●「まぼろしを作る少年」
●「透明ロボット・ジュピター」

以下のコミック作品は対応が見つけられませんでした。
本当は同じストーリーの作品があるかもしれません。
「サイボーグPV1号」は「アダルト・ウルフガイシリーズ」の大滝雷太のストーリーの原型ですね。
「アダルト・ウルフガイシリーズ」の原型のストーリーほかにも何話かあるはずです。
またの機会に探ってみましょう。

●「サイボーグPV1号」
●「殺人ロボット005」
●「超振動砲」
●「魔人コズマ」
●「燃える水」
●「超人ミュータント」
●「殺し屋イライジャ」

[1999.12.23]

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

by Amazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン