ハードカバー

図書館へ行くと
今でも昔懐かしいハードカバー本の平井作品を見ることが出来る。
もちろん私も持っている本なのだけど、
図書館のものは手垢でもうぼろぼろの状態だ。
でもたくさんの読者の手に触れたことの証だと思う。
手にとって読むと何故か新鮮な気分で物語に入っていける。
私の書庫では手に取ることもなくなった作品だが、
時間の過ぎるのも忘れて、
立ったまま読み続けてしまった。
パソコンのモニターを通して小説を読める時代だが、
図書館で立ち読みするハードカバー本もいい。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

スポンサーリンク
AdSence