過去に戻る

平井作品が読めないという特殊な状況に追い込まれてしまったことは
前回告白してしまったのだけれど、やはりこれを何とかしたいものだ。
コミックならば問題ない。
活字を読むことができない。
集中力が無くなってしまって、ストーリーを追うことが難しくなってる。
これは疲労だ。

この状況から脱出するためにはやはり過去の作品に戻って読むべきじゃないのか?
慣れ親しんだ、最も熱中した頃に戻ればきっとまた読めるはず。
その頃の作品というとアダルト・ウルフガイと真幻魔大戦あたりだ。
体調もコントロールする必要があるかもしれない。
とにかくやってみる。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

スポンサーリンク
AdSence