熱病(平井和正に関連したタイトルになっているが、実際は「レディオヘッド」のこと。)

完全にはまってしまった。
オルタナティブ・ミュージックの旗手といえば「レディオヘッド」。
アルバム「キッドA」がグラミーを受賞した。
このニュースからオルタナに興味を持ち始めていた僕は「キッドA」を購入。

スポンサーリンク
AdSence

デペッシュモード
ナイン・インチ・ネールズ
デヴィッド・ボウイ
ガービッジ

オルタナティブ・ロックを期待していたのだが完全にあてがはずれた。
冷めた印象でお蔵入りとなりかけたが、直後「アムニージアック」を手に入れる。
しかし、なじめず・・・。

オルタナティブについてはデペッシュモードの「エキサイター」が衝撃的だった。
これを聴いた時点で「オルタナ」が分かった気になる。(気になっただけ)
もちろん、ナイン・インチ・ネールズも聴く。デヴィッド・ボウイがトレント・レズナーを賞賛したことがきっかけだ。
ガービッジもOKだ。

(おお、この展開は・・・・)

レディオヘッド

Ok Computer
Ok Computer image by Amazon

そして、レディオヘッドに戻る。
傑作と言われ、気になり続けていたアルバムがある。
それが「OKコンピューター」だ。
これを聴いて・・「ああ、これなのだ」
求めていたものが分かった。
レディオヘッドすごい。

(平井ワールド・・・・?)

たてつづけに「ザ・ベンズ」を手に入れ、その他のアルバムも次々と聴き始める。
この時点で「キッドA」「アムニージアック」も理解できた。そして好きになった。
やはりおすすめは「ザ・ベンズ」から「OKコンピューター」の流れ。
珠玉はミニアルバムの「ノーサプライゼス~ランニング・フロム・ディーモンズ~」。
曲数は少ないがひょっとすると「OKコンピューター」よりいいかもしれない。

(平井先生ごめんなさい)

そうだ。こんな形で平井作品をあさった頃があった。
まさに熱病である。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

by Amazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン