天使がかり:平井和正の軌跡・高橋佳子氏との出会いと幻魔大戦執筆

このタイトルはコトダマ社から発行された「HIRAIST」 の章題である。
平井作品を理解する上で非常に重要なキーワードであるので少し掘り下げてみたいと思う。

スポンサーリンク
AdSence

高橋佳子氏との出会い

「HIRAIST」には巻末に佐々木君紀(あの「アトランティス」の作者。カナンロードシリーズはどうなったのでしょう?)の「平井和正の軌跡」がかかれている。
「平井和正の軌跡」には、この時期(昭和51年、昭和52年)平井和正は人生の大転換をむかえたことが記載されている。作品としては「人狼白書」を執筆中であり、高橋佳子氏との出会いがあった。

「平井和正の軌跡」から引用すると

「この頃から氏は、「自動書記」「潜在意識から湧出する”力”」等の表現を使い、自分の創作上の神秘を説明しはじめている。
この時点で、ウルフガイの一連の作品は、犬神明の「お筆先」であるとの認識に達した氏は、実際に『人狼白書』の全文を資料皆無の状態で書き上げてしまう。」

人狼白書 アダルト・ウルフガイ
人狼白書 アダルト・ウルフガイ image by Amazon

この「人狼白書」から平井和正の作風は一変し、犬神明は宗教的指導者の印象を持ち始めた。今までの軽快な犬神明ではなくなってしまったのである。
このことは、高橋佳子氏との出会いによって、平井和正の人生の転轍機が入れ替えられてしまったことに起因していると考えられる。
高橋氏は団体GLAを主宰し「ミカエル」と呼ばれる人である。私自身、彼女に関してはこの程度の知識しかない。GLAがどのような団体であったかは知らない。氏の「真創世紀」は本屋で立ち読みした程度だ。

「平井和正の軌跡」によると、平井和正が高橋氏と関わりを持ったのは、昭和51年から54年までの3年ほど。以下、引用。

●「平井和正の軌跡」(佐々木君紀)
51年から52年にかけて、高橋佳子氏の『真創世紀』3部作の編集協力スタッフとして活躍。氏は高橋さんの教示と助言のもとに『幻魔大戦』執筆に不可欠な超常現象的な事柄を見聞し、物質主義的なものの見方の誤りと霊的存在の実際を確信した。
高橋佳子氏の主宰する団体GLAとの関わりについては、ただ一度、同団体の講師と一緒にパネル・ディスカッションをしている(52年6月)


53年には、高橋佳子氏の助言を受けた『人狼天使・3部作』『死霊狩り3』『若き狼の肖像』『新・幻魔大戦』などの作品を書きあげている。

●「天使がかり」(平井和正「奇想天外」1977/4 -「HIRAIST」より)
とにかく大天使の書記役として、昨年12月から約2カ月間、「ミカエルの本」製作に協力し、このほど完成させた。出版社は詳伝社、3月刊行の予定である。世界に類例のない本であって、強いて探せば、イマヌエル・スウェーデンボルクの「天使の秘儀」とか、「天国と地獄」といった奇書しか類書が思い当たらない。ともあれ大天使にしか書けない本であることは間違いない。3部作の1弾で、巻を追って「見えない世界」を解明し、真実の「創世記」を詳述することになっている。
大天使の薫陶を受けて、私も更生を誓い、頑張ることになってしまった。口の悪い友人たちは「神がかりの平井和正」と称しているが、正しくは「天使がかり」なのである。
そんなわけで、現在膨大な「ミカエル・インタビュー」を記録中。いずれ、この中からライフワークの「堕天使ルシフェル伝」や、「天使シリーズ」が生まれることになるであろう。ただし「ルシフェル伝」については、これを書こうと試みる者は怪死を遂げるそうなので、こちらも死ぬきで書かねばならない。しばらくお待ち下さい。今のところ天使の御用達を努めているので、この世に留まらなければならない。

●「私がただ一人の師と仰ぐ人」(平井和正 詳伝社刊「真創世紀・地獄編」1977/3/30 -「HIRAIST」より)
高橋佳子さんは、私がめぐりあったただ一人の師と仰ぐ人である。佳子さんと逢った瞬間、世界はみるみる鮮やかな変貌を遂げた。

このように高橋氏との出会いが、この後生まれてくる幻魔大戦集団の契機となっていることは間違いない。

(以上 2001.11.18)


追記

この記事には続きがあります。
それが「ミカエル学校」です。

あとがき小説「ビューティフル・ドリーマー」はSFアドベンチャー増刊「幻魔宇宙」に掲載された。 1985年刊行の「高橋留美子の優しい世界」に...

平井氏の高橋氏に対する印象は後年変わっていくようなのですが、そのあたりを読み解くには以下の書籍がよいと思われます。

幻魔大戦 5巻 リム出版

幻魔大戦 (平井和正全集)
幻魔大戦 (平井和正全集) image by Amazon

※書影は1巻のものです。

リム出版の「幻魔大戦・第5巻」には巻末に全集巻末新企画「平井和正「幻魔」を考える PART1」が掲載されています。

ここに真創世記を自ら9ヶ月を要して書き上げたことが記されています。

この企画は「幻魔大戦・第11巻」のPART6まで継続され、当時の状況・平井氏の心の変遷が分かります。

幻魔大戦5〜11までを手に入れるのは困難なので、どこかにまとめはないか探してみたのですが、見つけられませんでした。

平井氏の言いたいことは以下のページにまとめられていると思います。

参照今、なぜ「幻魔大戦」なのだ?(e文庫)

夜にかかる虹

夜にかかる虹〈下〉
夜にかかる虹 image by Amazon

この書籍は平井氏のエッセイ集です。
上下巻の2冊。

2001年当初の引用は「HIRAIST」となっていますが、「HIRAIST」を2分冊して再版されたのが「夜にかかる虹」です。

私も最近この本は古書を手に入れたので、比較的、手に入りやすいと思われます。

高橋留美子の優しい世界

高橋留美子の優しい世界―「めぞん一刻」考 あとがき小説「ビューティフル・ドリーマー」
高橋留美子の優しい世界 image by Amazon

この本に掲載されている「ビューティフル・ドリーマー」には、1977年の「ミカエルを囲む会」の「ミカエル語録」や彼女との対話等が語られています。
高橋氏の教団に身を置いた数ヶ月の体験が「幻魔大戦」を書く上で重要な期間であったことが分かります。

(2015.11)

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

夜にかかる虹〈上〉
夜にかかる虹〈下〉
高橋留美子の優しい世界―「めぞん一刻」考 あとがき小説「ビューティフル・ドリーマー」
幻魔大戦 (平井和正全集)

by Amazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン