2001(年末所感)

2001年も最後となってしまった。
振り返ると、平井作品の新作発表は「時空暴走気まぐれバス」のみではなかったか?
(「ストレンジ・ランデヴー」は掘り出し物で発表済みだとする)
不作の年だ。実際には「∞ブルー」が書きあげられた訳だが、読めるのは来年となってしまった。

しかし、コミック版ウルフガイの未発表部分が読めたのはうれしかった。会社の同僚を巻き込んで、ウルフガイPDFの毎週の発売が待ち遠しかった。

新作の発表を待ち続けた1年だったが、幻魔大戦DNAの書籍化と同時に現実となって、来年はよい年になりそうだ。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

スポンサーリンク
AdSence