高橋留美子様(第2期ウルフガイシリーズの女神様)

高橋留美子さんは第2期ウルフガイシリーズの女神様です。
平井さんの本にもたくさんのイラストを提供していらっしゃいますし、「語り尽くせ熱愛時代」「高橋留美子の優しい世界」「女神變生」といった刊行物は高橋さん無くして実現することはあり得ませんでした。
ひょっとすると「ボヘミアンガラスストリート」や「月光魔術團」もそうかもしれません。

これらの作品群を生み出したきっかけとなった作品は「めぞん一刻」です。
平井さんが幻魔大戦執筆中に手に取り、ついにはウルフガイシリーズへとバトンタッチをさせてしまった作品です。

私は「めぞん一刻」終了間際になって読み始めたので、スタートから終了まであまり時間をおかずに一気に読み切ってしまいました。そしてふとしたことから、ここ数日の内に全巻を再び読んでしまったのです。
強烈なパワーを感じる作品でした。そしてこのところの平井作品のテーマに通じるものがにおいたつのです。まさに傑作。不覚にもエンディング前のストーリーで涙してしまいました。

(David Bowie 「ALL SAINTS」を聴きながら)

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

スポンサーリンク
AdSence