平井和正最後の作品「幻魔大戦deepトルテック」

平井和正の最後の作品となったのが幻魔大戦deepトルテックである。
豪華ボックス入りの本、先着特典で電子書籍CDがついていた。2008年の出版である。

スポンサーリンク
AdSence

2008年、平井和正最後の作品に浸る

幻魔大戦deep トルテック
幻魔大戦deep トルテック image by Amazon

toru

2007年まで私は平井さんの本がなかなか読めない状況にあったと思う。

しかし、2008年の5月から8月にかけて以下の本を読んでいるのだ。
(実はこの年から書籍データベースを記録している)

1.幻魔大戦deep全巻
2.ABDUCTIONシリーズ全巻
3.幻魔大戦deepトルテック全巻

この年はどっぷりと平井作品にはまっているのだが、年と共に記憶をなくして、いまではどんな話だったのか上手くまとめることが出来ない。
ABDUCTIONが最高と思っているのだが、読み返してみないとなんともいえない。

2012年、私は電子書籍にはまり、幻魔大戦DNAやBLUE LADYを読んでいる。
実はこれらのストーリーはこの年が初読である。
2008年から2012年までは平井作品を読んでいなかったようだ。

2012年は当方の電子書籍元年である。
この年からのことは近いうちにこのブログで紹介していきたいと思っている。

昨年からウルフガイシリーズを読み返していたのだが、少し中断している。
幻魔大戦も電子書籍が出たりで、(全巻購入してしまったが、まだ2巻ぐらいしか読んでいない)私は盛り上がっていたのだが…

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン