マクラーレン・ホンダの戦いは日本の威信をかけた戦い。来年こそ絶対に頂点に立たなければならない。「HRD Sakura」のイメージムービーを作っている場合ではない。(F1 2015)

16360504129_a1f33007eb_k
image photo by Iwao 

不調の内に後半2戦を消化したマクラーレン・ホンダ。
イタリアGP後もさまざまなニュースが公開されています。

主に、マクラーレン・ホンダの不調の原因、パワー・ユニットの弱点に関するものとなっています。

スポンサーリンク
AdSence

弱点はMGU-KなのかMGU-Hなのか?

ホンダのパワーユニットの弱点がエネルギー回生システム(ERS)のデプロイメント(アシスト量)にあることは間違いありません。

しかし、新井康久さんのインタビューには、弱点をMGU-K(運動エネルギー回生)とするものとMGU-H(熱エネルギー回生)とするものがあるのはどういうわけでしょう?

以下の新井康久総責任者のインタビューはMGU-Kの問題と言っています。

参照ホンダ 新井康久、メディアの集中攻撃に「なぜ謝罪しなければならない?」(F1-Gate.com)

以下の新井康久総責任者のインタビューはMGU-Hの問題がクローズアップされています。

参照【F1】ホンダ総責任者が語る「ストレートで伸びない3つの理由」(スポルティーバ)

新井康久さんのインタビューがころころ変わるので、どちらもダメなんだと思われます。
これでは何言っても信用できません。

MGU-Kにはエネルギー量の上限があるので、私はMGU-Hだと推測しています。

以下の記事はホンダパワーユニットのコンプレッサーの位置に言及しています。
通常エンジンの外にレイアウトするコンプレッサーをエンジンのVバンク内に収めてあることが書かれています。
また、MGU-KとMGU-Hのデプロイについても分かりやすく記載されています。

参照F1パワーユニット:MGU-K / MGU-Hとは? / ERC(回生システム)(F1-Gate.com)

F1エンジンを他のカテゴリーでテストするという妙な報道

参照ホンダ、F1エンジンをスーパーフォーミュラのシャシーでテスト?(F1-Gate.com)

F1エンジンをスーパーフォーミュラに載せてテストするという報道まで、飛び出しました。
報道趣旨としては「パフォーマンス不足がマクラーレンのシャシーにあるのか、ホンダのパワーユニットにあるのかが分かるかもしれない」というものです。

はっきり言って目的が上記の様なことならばやる意味ありません。
やるとしたら信頼性向上のためのテストに違いありません。

今年のダメなパワーユニットから脱却することが先決です。
シャシーかパワーユニットのどちらかなんて決まってます。
ザウバーやトロ・ロッソに負けてしまうシャシーをマクラーレンが作るわけがありません。

なりふり構わず来年のパワーユニットの開発に邁進すべし

ページタイトルにも書いたとおり、ホンダは日本を背負っていることを再認識してください。
F1のようなトップカテゴリーで情けないホンダは見たくありません。
メルセデスやフェラーリに劣って欲しくありません。

以下のようなつまらないイメージ戦略は必要ありません。

無駄にカッコイイだけです。

来年も今年と同じようなパフォーマンスは許されません。

アロンソやバトンの時間を無駄にすることも許せません。

今年の傷みをステップにして飛躍することを願います。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン