Sony Reader PRS-T4 ?

IMG_5358

私は2012年以降、Sony Readerを愛用している。メイン機器と断言していい。だからPRS-T2を3台、PRS-T3Sを3台所有している。(使い方は今後の記事にゆずる)
Sony Readerの発表は以下のように1年毎だ。
2012年:Sony Reader PRS-T2:E Ink pearl
2013年:Sony Reader PRS-T3S:E Ink pearl 解像度アップ

そして
2014年:Sony Reader PRS-T4のはずだったのである。
ところが2014年のSonyの電子書籍専用端末の発表はなかった。

その悪い知らせは海外からだった。

Sony Confirms There Won’t be a PRS-T4 or any New Sony Readers

2014年、Sony北米からの撤退・Koboとの提携・PRS-T4のお蔵入りである。
私は2014年のSony Reader PRS-T4は解像度はそのままで、E Ink Cartaを採用するものと予想していた。(CartaはPearlに比べてコントラスト・反射率がアップしている)
ところが、発売自体がなくなってしまったのだ。(しようが無いのでPRS-T3Sを買い増すことになった。)

これもamazonの一人勝ちの様相に拍車をかけるかたちだ。
両方のユーザーとしては喜んでいいのか、悲しんでいいのか分からないのだが、Sony Reader PRS-T4は期待していただけに残念だ。

しかし、この知らせには続報があった。

スポンサーリンク
AdSence

ソニー デジタルペーパー DPT-S1発表

DRT-S1は大学・病院・企業では積極的に採用されている電子ペーパーだ。
残念ながら、コンシューマー向けではないのだが、電子書籍の未来は明るいと思っている。

自炊ならAmazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン