アイルトン・セナの1993年。セナが駆るカーナンバー8のマクラーレン MP4/8(フォード・コスワース・HBエンジン)が忘れられない。

McLaren MP4/8
image photo by Dima Moroz 

1992年、ホンダがF1から撤退し、1993年からマクラーレンのマシンはV8のフォード・コスワース・HBエンジンを積むことになります。

ライバルは最強のV10エンジン「ルノーRS5」を積んだハイテクマシン、「ウイリアムズ・ルノーFW15C」を擁するアランプロスト。

戦前の予想ではマクラーレン・セナの勝ち目はないチャンピオンシップと言われ、セナは1993年前半、1レース毎の契約でマクラーレンを走らせています。

1991年までは最強のホンダエンジンを使用したマシンで、チャンピオンを獲得してきたセナですが、非力なマシンではどうしようもないと思われていました。
しかし、この年セナは5勝を上げ、F1ファンを熱狂させたのです。

私には、この年のセナの記憶が強烈で、マクラーレン・ホンダ時代より輝きを増して見えたのでした。

1993年の状況については「アイルトン・セナのライバルたち③「ミハエル・シューマッハ」」のページでも触れていますが、この年のセナが特別な存在感を放っているだけに、独立ページとして詳しく見ていきます。

image photo by Paul Williams  まず、申し上げなければならないのは、ミハエル・シューマッハのスキー場事...
スポンサーリンク
AdSence

ハイテクマシン
マクラーレン MP4/8

マクラーレンMP4/8はマクラーレンがウイリアムズに対抗して創り上げたハイテク・空力マシンです。

当時のトレンドであるハイノーズを採用ししていることが特徴。
ハイテク部分ではアクティブサスペンション、セミオートマチックトランスミッション等を搭載してます。

しかし、エンジンはV8のフォード・コスワース・HBで、ルノーRS5に対抗するには非力でした。

しかも、前半戦ではカスタマー仕様の(型落ちのシリーズⅤ)エンジンを搭載していました。
ワークスエンジンはベネトンが優先契約を結んでいたためです。

交渉の末、マクラーレンがワークス仕様のエンジンを手に入れるのは第9戦以降になってしまいます。

ウイリアムズと比較した場合、空力的にはいざ知らず、パワーは確実に劣ったマシンでした。

アイルトン・セナの5勝

パワーで劣るマシンにも関わらず、アイルトン・セナはこの年5勝を上げてポイントランキング2位で終えています。

それらのレースを見ることで、アイルトン・セナが特別なドライバーだということが分かってきます。

第2戦 ブラジルGP(インテルラゴス)71周:3月28日

予選結果は、フロントロウを2台のウイリアムズがしめ(1位プロスト、2位デーモン・ヒル)、セナとプロストは1秒8という大きな差がありました。マシン性能の違いはどうにも出来ない状況だったのです。

3番手のセナはスタートでウイリアムズのデーモン・ヒルをパスしますが、ストレートでは簡単に抜かれてしまう状況でした。プロストは、はるか前方です。

しかし、30周頃には激しい雨が降りだし、プロストがリタイア。
雨は一時的で、路面が乾き始める中、セナはスリックタイヤに交換し、先頭を行くデーモン・ヒルを追い上げます。

42周目ついにヒルをパスし、母国ブラジルでの勝利を勝ち取ったのでした。

2位:デーモン・ヒル(ウイリアムズ)
3位:ミハエル・シューマッハー(ベネトン)

第3戦 ヨーロッパGP(ドニントン・パーク)76周:4月11日

ドニントン・パークはスタート直後に雨が降りだします。
4番手スタートのセナは濡れるコースでアタックを見せ、オープニングラップでトップを奪ってしまいました。

しかし、天候・路面の状況はめまぐるしく変わり、全車何度もタイヤ交換を行う忙しいレースとなります。

プロストは実に7回ものタイヤ交換を行います。
セナも5回のタイヤ交換を行いますが、路面の状況を的確に把握し、優勝をもぎ取ったのでした。

2位:アラン・プロスト(ウイリアムズ)
3位:デーモン・ヒル(ウイリアムズ)

第6戦 モナコGP(モンテカルロ)78周:5月23日

予選の順位が決勝に強く影響するモナコでアイルトン・セナはプロスト、シューマッハーに次ぐ3番手に終わります。

しかし、番狂わせが起こります。

決勝のスタートで、プロストはフライング。
ピットストップのペナルティーを科せられます。
プロストはそのピットストップでエンジンをストールさせ、22番手に後退、優勝争いから脱落してしまいました。

セナの前を走るシューマッハーも33周目にサスペンショントラブルでリタイアし、セナの前を行く車がなくなります。

11台がリタイアする荒れたレースで、モナコに強いセナは盤石の走りを見せ、モナコ連続5勝、通算6勝目を上げたのでした。

2位:デーモン・ヒル(ウイリアムズ)
3位:ジャン・アレジ(フェラーリ)

第15戦 日本GP(鈴鹿)53周:10月24日

前戦のポルトガルGPでコンストラクターズチャンピオン、ドライバーズチャンピオンがともに決まった日本GPはフロントロウにプロスト、セナが並びます。

スタートを決めたのはセナ。プロストを突き放していきます。
しかし、13周目のピットストップで、プロストが先行。

その後、鈴鹿に雨が降り始めます。
レインマイスター・セナは21周目プロストをパス。
40周目には雨がやみます。
セナは雨で築いたアドバンテージを活かすと、そのままプロストを突き放し優勝を飾ったのでした。
プロストはスタートのミスと雨の弱さが敗因となりました。

2位:アラン・プロスト(ウイリアムズ)
3位:ミカ・ハッキネン:発表彰台(マクラーレン)

第16戦 オーストラリアGP(アデレード)79周:11月7日

来季プロストは引退、セナはウイリアムズに移籍することが発表され、ついにセナ・プロ最後の戦いとなります。

アデレードはセナの得意とする市街地コース。またレイアウトがマクラーレン・MP4/8に合っていたのか、最終戦でセナはシーズン初ポールを獲得します。

レースでもプロストを圧倒するスピードを見せ、ポール・トゥ・ウイン。
最後の戦いはセナに軍配が上がるのでした。

2位:アラン・プロスト(ウイリアムズ)
3位:デーモン・ヒル(ウイリアムズ)

チャンピオンシップの結果が示すセナの実力

アイルトン・セナはチャンピオンシップで、プロストに続く僅差の2位。しかし、コンストラクターズではマクラーレンとウイリアムズに大差がついてしまいました。

僚友のマイケル・アンドレッティがF1に来て全く活躍できなかったこともありますが、圧倒的なマシンのデーモン・ヒルにポイントで勝ったことが、セナの実力を証明しています。

セナ・プロ対決最後の年、セナとプロストは最終戦アデレードで握手による和解を果たすのでした。
そして、セナがF1でフルシーズンを戦った最後の年になるのでした。

ドライバーズ・ポイント

  1. アラン・プロスト:99
  2. アイルトン・セナ:73
  3. デーモン・ヒル:69

コンストラクターズ・ポイント

  1. ウイリアムズ・ルノー:168
  2. マクラーレン・フォード:84
  3. ベネトン・フォード:72

付録:その他のレース結果

第1戦 南アフリカGP(キャラミ)72周:3月14日

1位:アラン・プロスト(ウイリアムズ)
2位:アイルトン・セナ(マクラーレン)
3位:マーク・ブランデル(リジェ)

第4戦 サンマリノGP(イモラ)61周:4月25日

1位:アラン・プロスト(ウイリアムズ)
2位:ミハエル・シューマッハー(ベネトン)
3位:マーク・ブランデル(リジェ)

セナは42周でサスペンショントラブルによるリタイア

第5戦 スペインGP(カタルニア)65周:5月9日

1位:アラン・プロスト(ウイリアムズ)
2位:アイルトン・セナ(マクラーレン)
3位:ミハエル・シューマッハー(ベネトン)

第7戦 カナダGP(モントリオール)69周:6月13日

1位:アラン・プロスト(ウイリアムズ)
2位:ミハエル・シューマッハー(ベネトン)
3位:デーモン・ヒル(ウイリアムズ)

セナは62周でオルタネータートラブルによるリタイア

第8戦 フランスGP(マニクール)72周:7月4日

1位:アラン・プロスト(ウイリアムズ)
2位:デーモン・ヒル(ウイリアムズ)
3位:ミハエル・シューマッハー(ベネトン)

セナは4位

第9戦 イギリスGP(シルバーストーン)59周:7月11日

1位:アラン・プロスト(ウイリアムズ)
2位:ミハエル・シューマッハー(ベネトン)
3位:リカルド・パトレーゼ(ベネトン)

セナは最終ラップでガス欠、5位扱い

第10戦 ドイツGP(ホッケンハイム)45周:7月25日

1位:アラン・プロスト(ウイリアムズ)
2位:ミハエル・シューマッハー(ベネトン)
3位:マーク・ブランデル(リジェ)

セナは4位

第11戦 ハンガリーGP(ハンガロリンク)77周:8月15日

1位:デーモン・ヒル(ウイリアムズ)
2位:リカルド・パトレーゼ(ベネトン)
3位:ゲルハルト・ベルガー(フェラーリ)

セナは17周でスロットルトラブルによるリタイア

第12戦 ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)44周:8月29日

1位:デーモン・ヒル(ウイリアムズ)
2位:ミハエル・シューマッハー(ベネトン)
3位:アラン・プロスト(ウイリアムズ)

セナは4位

第13戦 イタリアGP(モンツァ)53周:9月12日

1位:デーモン・ヒル(ウイリアムズ)
2位:ジャン・アレジ(フェラーリ)
3位:マイケル・アンドレッティ(マクラーレン)

セナは8周でマーティン・ブランドルのリアに追突、リタイア

第14戦 ポルトガルGP(エストリル)71周:9月26日

1位:ミハエル・シューマッハー(ベネトン)
2位:アラン・プロスト(ウイリアムズ)
3位:デーモン・ヒル(ウイリアムズ)

セナは19周でエンジントラブルによるリタイア

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン