「超犬リープ」(原作:平井和正 作画:桑田次郎)マンガショップシリーズ

leap

「エリート」と同じ時期、「月刊まんが王」で1965年11月から1967年8月まで連載されたコミックが「超犬リープ」です。

「エリート」が平井和正のエッセンスを全て注ぎ込んだ傑作だけに「超犬リープ」のストーリーが陳腐に見えます。

こんなことなら「8マン」を復活させてもよかったんじゃないでしょうか?

「8マン」は心を持ったスーパーロボットという悲哀に満ちた存在でしたが、「超犬リープ」は超ロボットでありながら、人間に翻弄され続けます。

ストーリー的には1話完結で、筋の通ったテーマもないように思います。

とまれ、「超犬リープ」は平井和正らしからぬ作品として、読む価値があるかもしれません。

スポンサーリンク
AdSence

超犬リープ 上

超犬リープ(上) (マンガショップシリーズ (8))
“超犬リープ(上) (マンガショップシリーズ (8)) image by Amazon

超犬リープ 下

超犬リープ(下) (マンガショップシリーズ (8))
“超犬リープ(下) (マンガショップシリーズ (8)) image by Amazon

このページは少し辛口になりました。

スーパードッグというと、「新造人間キャシャーン」の「フレンダー」を思い出します。
犬とは違いますが、「バビル2世」の「ロデム」なども良いキャラクターでした。

やはり、犬は主人公のサポート役が適しているようです。

ロボットとはいえ、犬をメインにすえたストーリーだけに、いかに平井和正といえど難しかったのではないでしょうか?

しかも、この「超犬リープ」は出版社都合で打ち切られた作品のため、その実相を見せることが出来ませんでした。

ストーリーを全うできなかった平井和正の憤懣は、後の「サイボーグ・ブルース」や「BLUEシリーズ」で癒やされることになるのでした。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

超犬リープ(上) (マンガショップシリーズ (8))
超犬リープ(下) (マンガショップシリーズ (8))

by Amazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン