アイルトン・セナのライバルたち③「ミハエル・シューマッハ」

61545901_ed3f9bd4fa_o
image photo by Paul Williams 

まず、申し上げなければならないのは、ミハエル・シューマッハのスキー場事故後の容態のことです。
正確な情報が出てきませんが、いちファンとして回復をお祈りしています。

さて、このページではシューマッハをアイルトン・セナとの関わりで見ていきます。
私がシューマッハを見るとき残念な思いにかられるのは、世代交代がセナが亡くなるという形でなされたことです。

セナの事故死さえなければ、多くの名勝負が繰り広げられたはずです。

スポンサーリンク
AdSence

1991年第11戦ベルギーGP
ジョーダンからミハエル・シューマッハ、デビュー

ミハエル・シューマッハがデビューを飾るのは1991年第11戦ベルギーGP(1991.8.25)のことです。
「7UP」のロゴが目立つ丸みをおびた、後のフットワークに似たマシン:ジョーダン・フォード191がデビュー戦のマシンでした。

シューマッハは予選を7番手で突破し、周囲を驚かせましたが、レースでは半周も保たず、クラッチトラブルでリタイア。苦いデビュー戦となりました。ときに若干22歳でした。

第12戦イタリアGP(9.8)ではベネトンに電撃移籍
ベネトン・フォードB191を駆って決勝へ。
結果5位入賞を果たしています。

1992年第8戦フランスGPでセナとのクラッシュ

1992年、ウイリアムズ・ルノーFW14Bがグランプリを席捲した年、シューマッハは第8戦フランスGP(1992.7.5)でセナに絡んでいます。

それは褒められたものではなく、オープニングラップでブレーキが遅れたシューマッハがセナに激突したアクシデントでした。
その時点でセナはリタイアとなってしまいます。

レースはその後の雨のため2ヒートとなっていますが、シューマッハはスピンでレースを終えることになります。

レース後、セナはシューマッハを怒鳴りつけたといわれています。
開幕5連勝のマンセルがチャンピオンシップで絶対有利のなか、「若造のしでかした過ち」に、苛立ちがピークに達したのかもしれません。

1992年第12戦ベルギーGP
デビューからちょうど1年後の初勝利

1992年第12戦ベルギーGP(8.30)はシューマッハが初勝利したレースです。

レースはスパ・フランコルシャンの名物「スパ・ウェザー」で、途中雨がらみのレースになりました。
シューマッハは、雨があがり31周目にスリックに履き替えたタイミングがよく、1位のままレースを逃げ切っています。
勝利したマシンはベネトン・フォードB192。表彰台でのシューマッハのアクションは、若さが溢れていました。23歳のことです。

セナの結果は5位でした。

1993年の状況

1992年末、ホンダが撤退したために「マクラーレンMP4/8」はベネトンと同じエンジン「フォード・コスワース・HBエンジン」を搭載することになります。
しかし、ワークス仕様のエンジンは開幕当初ベネトンのみに与えられていました。
交渉の末、マクラーレンがワークス仕様のエンジンを手にするのは第9戦イギリスGPまで待たなくてはなりませんでした。

シューマッハのベネトンは1993年の開幕2戦で前年の改良型マシン「ベネトン・フォードB192B」を使用し、第3戦ヨーロッパGP以降1993年型マシン「ベネトン・フォードB193B」を投入しています。

「B192B」はエンジン仕様の劣る「マクラーレンMP4/8」にも遅れをとっていましたが、「B193B」になってからは「マクラーレンMP4/8」を圧倒し始めます。マクラーレンがワークス仕様のエンジンを搭載した後も、その力関係は変わることがありませんでした。

1993年のトップマシンは「ウィリアムズ・ルノーFW15C」。ハイテクマシンとルノーV10エンジンの組み合わせは圧倒的なパフォーマンスを見せ、1位・2位はウイリアムズ・ルノーのものだといって過言ではありませんでした。

ドライバーはアラン・プロストとデーモン・ヒル。
3位に誰が入るのかが見所と言わざるをえないシーズンだったのです。

しかし、セナは不利なマシンでありながら年間5勝を上げたのでした。

セナが勝利したレース

  • 第2戦ブラジルGP:インテルラゴス(3.28)
  • 第3戦ヨーロッパGP:ドニントン(4.11)
  • 第6戦モナコGP:モンテカルロ(5.23)
  • 第15戦日本GP:鈴鹿(10.24)
  • 第16戦オーストラリアGP:アデレード(11.7)

1993年セナ vs シューマッハ

1993年のF1グランプリで、セナは何度もシューマッハに抜かれる場面があります。
印象に残るレースをピックアックしておきます。

第8戦フランスGP:マニクール(1993.7.4)

終盤タイヤ交換1回のセナと2回のシューマッハの5位争い。
タイヤの差が出てシューマッハはあっさりセナをパスしてしまいました。

結果、1位:プロスト、2位:ヒル、3位:シューマッハ、4位:セナ

第9戦イギリスGP:シルバーストーン(1993.7.11)

セナはスタートでプロストをおいて2位にあがります。
しかし、パワーに勝るプロストは直線でセナをパス。
そして、3位争いはセナ vs シューマッハとなります。

10周目、必死のブロックもむなしくセナはシューマッハにパスされてしまうのでした。
セナのリアウイングは安定性を確保するために、めいっぱい立ててありました。そのためストレートでのスピードの伸びを犠牲にしていたのです。

デーモン・ヒルはエンジントラブルでリタイア。

結果、1位:プロスト、2位:シューマッハ、3位:パトレーゼ(ベネトン)となり、セナはガス欠で5位

第12戦ベルギーGP:スパ・フランコルシャン(1993.8.29)

ベルギーではベネトン勢のトラクション・コントロールが不調に陥り、スタートで出遅れます。

予選5位のセナはスタートダッシュで2位にジャンプアップ。しかし、後方にいたヒルがルノーエンジンのパワーに任せてセナをキャメルストレートでパスしていきます。

3位のセナにシューマッハが迫る。

13周目シューマッハとのバトルに賭けて早めのピットインを行ったセナでしたが、シューマッハのスパートによって順位は入れ替わってしまいました。

結局セナのマシンはギアボックスが不調となりシューマッハーを追うことは出来ませでした。

結果、1位:ヒル、2位:シューマッハー、3位プロスト、4位セナ

1993年シューマッハの1勝
第14戦ポルトガルGP(1993.9.26)

シューマッハは1993年1勝を上げています。
それが第14戦ポルトガルGP(71周)でした。

30周目、プロストがタイヤ交換に入るとシューマッハはトップに立ちます。
そこから40周以上もの間、プロストの猛攻をしのぎ、優勝を勝ち取ったのです。
プロストとのバトルを制した堂々とした勝利でした。

ここでのセナは20周目まで2位を走行していましたが、エンジントラブルでリタイアしています。

1994年シューマッハ開幕4連勝

1994年、セナは前年まで最強だったウイリアムズに移籍します。

しかし、ウイリアムズ・ルノーFW16はハイテクのアクティブ・サスペンションを禁止され、コントロールしづらいマシンになっていました。

悪夢の第3戦サンマリノGP:イモラ(5/1)までの3戦、予選では連続ポールを獲得していましたが、決勝レースでは完走することも出来ません。

逆にパッシブ・サスペンションを続けて来たベネトンにハイテク禁止の影響は全くなく、熟成度の進んだベネトン・フォードB194はその強さを発揮することになります。

シューマッハはモナコGPまで、開幕4連勝を達成します。
しかし、シューマッハはセナが退場するまで、ポールポジションを取ることはなかったのです。

セナとシューマッハ

セナとシューマッハの世代交代は「セナの事故死」というかたちでした。
プロストやマンセルのような心にのこるバトルはありません。

そのため、シューマッハがベネトンでチャンピオンとなった1994年・1995年の結果が、私には嘘のように思えました。
セナとのバトルで世代交代を見てみたかったからです。

その後、シューマッハが不調のフェラーリに移り、最強のチームへと変貌させたことは、偉業と言えます。

しかし、シューマッハが2000年以降5連続チャンピオンを成し遂げるにつれ、F1は段々面白くなくなりました。
シューマッハは強すぎるチャンピオンだったのです。

「サイボーグ」「ターミネーター」「赤い皇帝」等のふたつ名は強すぎるシューマッハを揶揄した呼び名だったのではないでしょうか?

カリスマ性を含んだ「音速の貴公子」とは響きが違うように思えてなりません。

© bluelady.jp

image photo by Stuart Seeger  アイルトン・セナの10年のF1レース人生において、ライバルをあげるなら...
image photo by Stuart Seeger  ナイジェル・マンセルはセナの次に好きなドライバーです。 セナが鋭...